TOP > ニュース

【RIZIN】初代女王に輝いた浅倉カンナ「初めて見た格闘技の試合がRENAさんの試合でした」

2018/01/06(土)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

RENAを絞め落とし、ガッツポーズで歓喜する浅倉

 2017年12月31日(日)さいたまスーパーアリーナにて開催された『RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2017』。同大会で行われた「RIZIN女子スーパーアトム級(49.0kg以下)トーナメント」の決勝戦で、RENAを破り優勝を果たした浅倉カンナ(パラエストラ松戸)が、自身のSNSで王者としての所信を表明した。

 浅倉は準決勝でマリア・オリベイラ(ブラジル)に腕十字で一本勝ちし、決勝ではRENAをチョークスリーパーで絞め落とすという衝撃的な決着で優勝。そのRENAには特別な想いもあったようだ。

「自分が格闘技を始める前に初めて見た試合はRENAさんのシュートボクシングの試合でした。リングの上ですごい輝いてるRENAさんを見て、ただただすごいな、かっこいいなと思っていました」と、初めて見た格闘技の試合がRENAの試合であり、憧れを抱いていたという。

「RENAさんがいたからこそ、女子格闘技がここまで広がりました。そんな尊敬しているRENAさんと大みそかに試合することができて嬉しく思います」とRENAへのリスペクトを言葉にする。

 そして「これからはチャンピオンとして、追われる立場になると思います。けど、チャレンジャー精神を忘れずにこれからも突っ走っていきます。努力をしていれば必ず結果はついてきます。これからもそれを信じて、大好きな格闘技を続けていきたいです」と、これからも努力を続けていくと語った。

●編集部オススメ

・浅倉カンナがRENAを絞め落としトーナメント制覇

・新女王・浅倉カンナ、2018年も全勝宣言

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース