TOP > ニュース

【RIZIN】新女王・浅倉カンナ、2018年も全勝宣言

2018/01/02(火)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

一夜明け会見に出席した浅倉カンナ

 2017年12月29日(金)31日(日)さいたまスーパーアリーナにて開催された『RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2017』の一夜明け会見が、1月1日(月)都内にて行われた。会見には29日と31日に勝利を収めた日本人選手全員が出席(トーナメントは優勝者のみ)。

「RIZIN女子スーパーアトム級トーナメント」の決勝戦にて、RIZIN女子部門のエースで5戦全勝のRENAを1R4分34秒、チョークスリーパーで絞め落とすという衝撃的決着で優勝を果たした浅倉カンナ(パラエストラ松戸)は、「昨日はベルトを獲ることが出来て良かったです。チャンピオンとして女子格闘技を盛り上げていきたいと思います」と、一夜明けて王者としての自覚を感じさせるあいさつ。

RENAを絞め落とすという衝撃的な結末で、女子トーナメントを制覇した浅倉

 衝撃的な結末と劇的な覇者交代に「SNSでの反響が大きかった」と言うが、「でもチャンピオンになった実感はまだ少しです」とまだ夢を見ているような気分から抜け出せていないようだ。それでも「2017年は無敗だったので、今年も無敗で行きたいです」と2018年の目標を語る。

 同大会にてキックボクシングルールのトーナメントで優勝した那須川天心(TARGET)とは練習仲間で、同年代ということもあり仲がいい。「試合前に勝って二人で優勝しようとか、準決勝の前にも頑張ってと言ってもらえました」と那須川からの激励も受けた。

 那須川も「一緒に練習していたから練習を見ているので、絶対に優勝すると思っていました。終わった後に、お互いにおめでとうと会話をしました」と、浅倉の勝利を確信していたと話した。

●編集部オススメ

・浅倉カンナがRENAを絞め落としトーナメント制覇

・RENAを絞め落として優勝した浅倉カンナ、成人式にベルト持参

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース