TOP > ニュース

【RIZIN】榊原代表が渡辺華奈、KINGレイナらに奮起を期待

2018/01/07(日)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

テクニカルでアグレッシブな試合が好評だった渡辺(左)vs杉山(右)

 2017年12月29日(土)31日(日)さいたまスーパーアリーナにて開催された『RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2017』。両日に行われた各試合を榊原信行RIZIN実行委員長が自身のSNSで1試合ずつ振り返っている。

 榊原実行委員長は29日の第2試合で行われた女子の試合、渡辺華奈(FIGHTER’S FLOW)vs杉山しずか (リバーサルジム新宿Me,We)について、「杉山選手と渡辺選手の試合は、RIZINでのこの階級(57.0kg契約)の可能性を強く感じさせるレベルの高い攻防となりました。2人とも未だ未だ成長出来るはずです。2人の今後の更なる奮起に期待したいです」と、初参戦だった両選手に大きな期待を寄せる。

 1月1日に行われた一夜明け会見では、この2人に真珠・野沢オークライヤーを加えて、次回の女子グランプリ(賞金トーナメント)開催候補にもあげていた。

ダンドーワのテイクダウン&寝技の上手さにKINGレイナはプロ初黒星

 同じく29日に行われた女子の試合、KINGレイナ(FIGHT CLUB 428)vsシンディ・ダンドーワ(ベルギー)は、判定2-1でダンドーワが勝利し、KINGレイナにプロ初黒星を付けた。

 この一戦について榊原実行委員長は「KINGレイナ選手にとっては、無茶苦茶悔しい年の瀬となりました。確かにどちらに上がってもおかしくない試合内容でしたが、みんながKINGに求めるのはどんな相手でも物怖じせずに、フィニッシュに向かってガンガン行く姿だと思います。この敗戦を糧にして、今年更なる飛躍に期待したいです」と、KINGレイナに檄を飛ばした。

●編集部オススメ

・渡辺華奈が杉山しずかを破る、ニューヒロイン誕生

・KINGレイナが8戦目にして初敗北、ダンドーワの上手さ光る

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース