TOP > ニュース

【レベルス】良太郎の相手はテコンドー5連覇王者「大勝利してタイトル戦につなぐ」

2018/04/25(水)UP

良太郎の王者第一戦のパスカルは、学生時代はテコンドー国内五連覇

 4月27日(金)、東京・後楽園ホールで行われる『REBELS.55』で、REBELS-MUAYTHAIライト級王者・良太郎(28=池袋BLUE DOG GYM)と対戦するパスカル・コスター(24=オランダ)の試合前コメントが主催者より届いた。

 パスカルの戦績は32戦24勝7敗1分4KO。ベースはテコンドーで「中学高校とテコンドーをやってた。卒業するまで毎年5年連続でトーナメントでオランダ優勝していた」と、学生時代は国内で五連覇するほどの強豪。

 高校を卒業し「テコンドーじゃ飯は食えないから地元のキックジムに所属したんだ。でもさ、田舎だから試合のチャンスというものに恵まれないんだよね」と、首都アムステルダムへ上京。メジロジムの名トレーナーだったルシアン・カルビン率いるカルビンジムに所属後、昨年春に現在のオトマニジムに移籍したという。

オトマニジムで練習するパスカル(右)

 パスカルは対戦相手の良太郎を知っており「リョウタロウ選手はオトマニジムが日本へ行くと必ずセコンドヘルプしてくれた人だって会長から聞いた。今回はヘルプじゃなくて対戦相手となるんだから面白いというか因縁というか。オトマニ会長は喜んでいた。リョウタロウは素晴らしい人間だって。対戦相手となったけど敵という感じはまったくしない。彼は友人だし仲間だって言ってた」と、自ジムが世話になっている選手と認識していた。

 しかし「試合は試合。負けるわけにはいかない。ノンタイトルマッチで勝てばリョウタロウ選手も黙っていられないはずだ。きっと再戦希望するからそのときはタイトルマッチでやりたい。そんな展開になるように大勝利したい」と、タイトルマッチに繋げられるよう勝利宣言した。

●編集部オススメ

・良太郎が悲願のレベルス王座を奪取

・クラップダムがTKO勝ち、梅野壮絶に散り快挙達成ならず

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース