TOP > ニュース

【ボクシング】井上尚弥、当日の大幅な体重増加は「デメリットしかない」

2018/05/26(土)UP

1RにTKO勝ちし3階級制覇を達成した井上尚弥

 525日(金)東京・大田区総合体育館にてWBA世界バンタム級タイトルマッチが行われ、王者ジェイミー・マクドネル(32=イギリス)に挑戦者で同級2位・井上尚弥(25=大橋ジム)が1R150秒でTKO勝利。WBA世界バンタム級新王者となり、16戦目で3階級制覇を達成し日本最速記録を更新した。

  試合後、井上は記者の囲み会見で、まず相手が前日計量より12kg増量して挑んだことについて「(井上は6kg増量したが)最終的に6キロも体重差のある試合になるとは思わなかった。相手にとってデメリットしかないと思っていた」とコメント。

前日計量でマクドネルは別人のように痩せこけていた

 前日計量した後、何kgリバウンドして戦うかは陣営や選手が決める。できるだけ増やして相手より優位に立とうという作戦も考えられる。
  マクドネルが短時間で急激な水抜きによる減量(運動やサウナ等で体内の水分を出す減量法)でクリアしたことについて、昨日の囲み取材で井上は、リングで向き合った時、相手がリバウンドで大きくなっていることを想定し「その分、動きも鈍るし、ボディも効きやすくなる」と水抜きの回復による弱点を語っていた。なお、水抜きはダイエットとは違い、体内の水分を抜いただけなので、計量後の水分補給で高いリバウンドが得られるが、その分、水抜きの量が多いほど体へのダメージも高いと言われる。

 また最初の30秒は相手の動きを見て攻撃に出てTKOにつなげたことについては「チャンピオンは映像で感じたほどスピードはなかった。この試合への高い注目度を感じた中で、圧倒的な内容で勝てたことに満足はしている」とした。

前日計量より12kg増量のマクドネルにボディを中心に攻める井上(左)

 試合後、リング上で井上は今秋開催の賞金総額50億円以上と言われている世界の各団体のチャンピオンが参加するトーナメント『WBSS』のバンタム級に名乗りを上げた。バンタム級にはWBO王者で11秒世界最速KO男のゾラニ・テテや、現WBAスーパー王者のライアン・バーネットら強豪がひしめくが「WBSSには他団体の王者も出てくるが、相手どうこうより自分だと思っている」と井上はWBSSに向け気持ちを引き締めた。

●編集部オススメ

・井上がKO勝利で3階級制覇「WBSSに出場します」

・王者マクドネルが1日の減量でゲッソリの別人に井上尚弥も驚愕、遅刻の理由も

・井上尚弥、マクドネルを過去最強の敵と認めるも「さらに上がいる」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

新着情報




TOP > ニュース