TOP > ニュース

【ボクシング】王者マクドネルが1日の減量でゲッソリの別人に井上尚弥も驚愕、遅刻の理由も

2018/05/25(金)UP

1日でこの変わり様のマクドネル。右が23日、左が24日の前日計量

 525日(金)東京・大田区総合体育館にて行われるWBA世界バンタム級タイトルマッチ、王者ジェイミー・マクドネル(32=イギリス)vs挑戦者で同級2位の井上尚弥(25=大橋ジム)の前日計量が、24日(木)都内にて行われた。

 計量は午後1時からの予定だったが、マクドネルは70分の異例の遅刻。

多少ふらつきを見せ、計量台に上がるマクドネル

 計量は2時10分からスタートし、井上はバンタム級リミットの53.5kg、マクドネルは200gアンダーの53.3kgで一発クリアしたが、マクドネルの足はふらつき、顔は痩せこけ一気に老け込んだ印象だ。昨日と同一人物かと疑いたくなるほどの変わり様に場内は騒然とした。

 対戦する井上も「昨日との変わり具合が相当だ。顔も別人でちょっとビックリ」と驚きを隠せない様子で、マクドネルが「40歳ぐらいに見える」と冗談も飛ばしつつも、体重を元に戻しやすい急激な水抜き(体内から運動、サウナ等の方法で水分を出す)が原因と説明。「朝の時点で3キロオーバーほどあったのでは。そこから何時間かかけて体重を落としていった」と井上は推測した。

マクドネルのマネージャーであり、プロモーターのエディー・ハーン氏が取材に応じた

 計量後、脱水状態気味のマクドネルは控え室に戻り、水分のリカバリーのため取材に応じなかった。代理としてマクドネルのマネージャーであり、プロモーターのエディー・ハーン氏が取材に応じ、70分遅刻した理由について説明した。
「いくつか理由があるが、まずは交通事情(宿泊の横浜のホテルから都内・文京区の計量会場まで車で移動)。そして体重を宿泊するホテルでしっかり落としてから出発したかった。ここに来て落とすのは大変だと思った」と説明。

 更に「日本人とは違って私たちは時間にきっちりしていない人種というのもある。しかし、井上陣営や(帝拳の)本田会長などに常に状況を報告していた。ただし、ルイス・ネリの件(大幅な体重超過で王座剥奪)もある。体重を落としていない状態でホテルを出て移動して減量失敗は皆さんも望んでないだろう。私たちは時間にルーズだが、連絡をして筋を通したつもりだ」と文化の違いと期待通り計量に成功したことを強調した。

フェイスオンするマクドネルと井上尚弥

 また、「海外の計量では30分、1時間遅れることはよくあることで大騒ぎする様な事にはならない」とし、最後まで反省、謝罪等はなかった。調べると確かに30分前後の計量の遅れは海外では例があり、特に罰則もない様だが、今後、階級スポーツとして少なからず計量遅刻の罰則は必要となるだろう。

 今回の大幅な遅刻にプロモーターの大橋ジムの大橋秀行会長は「あってはならないこと。遅刻した上で、もし体重オーバーだったとしたら、再計量まで規定通り2時間の猶予が与えられるのか」と疑問を呈していた。

●編集部オススメ

・井上尚弥が計量に70分遅刻の王者に怒り「KOで締める」

・王者マクドネル、井上尚弥よりも「全てにおいて私の方が優っている」

・井上尚弥、三階級制覇へ「流れが来たら必ずKOを狙っていく」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース