TOP > ニュース

【ボクシング】井上尚弥、マクドネルを過去最強の敵と認めるも「さらに上がいる」

2018/03/06(火)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

会見終了後、記者たちの囲み取材をリラックスした雰囲気で受けた井上

 5月25日(金)東京・大田区総合体育館にて、井上尚弥(24=大橋)がWBA世界バンタム級王者ジェイミー・マクドネル(31=イギリス)に挑戦することが3月6日(火)都内で行われた記者会見で発表された。

 記者会見終了後には、記者との囲み取材にリラックスした表情で応じた井上。「階級を上げると考えたのはこの前の試合が終わった時(2017年12月)で、スケジュールが空いているチャンピオンがマクドネルしか見当たらなかったからWBAかなと思いました」と、マクドネルとの試合は想定していたという。

 ボクシングのデータベースサイト『Boxrec.com』によれば現在バンタム級で最も評価の高い王者であるマクドネルは、過去最強の相手ではないかとの問いに「自分でもそれは分かります。だからこそやりがいがありますし、モチベーションも高いです」と認めながらも、「これを獲った段階でさらに上にチャンピオンがいるわけです。そこ(どちらが強いか)を一番はっきりさせたいです」と、WBAスーパー王者&IBF王者ライアン・バーネット(25)との対戦をすでに視野に入れているようだ。

 マクドネルの試合映像は、亀田和毅戦とリボリオ・ソリス戦の2試合を見たと言い、「隙はかなりあります」とズバリ。「ソリスとの試合を見ても、簡単に中へ入れてくれます」とし、「身体は丈夫ですね。ただ、ボディだけは誰がもらっても効くので」と得意のボディブローが攻略のカギになると話した。

 また、約14cmの身長差に関しても「身長が高くても重心を落として前屈みに構えるので。それでもかなり身長差はあるけれど、戦い方的には変える必要はないのかなと思っています」とスタイルを変えることはしないと言い、「身長の高い選手を(スパーリングパートナーに)選んでやっていきたい」とした。4月上旬に予定されている合宿ではバンタム級で通用する身体作りを中心に行う。

 記者会見では具志堅用高・白井具志堅ジム会長が保持する世界王座13度防衛の日本記録を更新したいと語った井上だが、「バンタム級で数をこなしていく中での通過点でもあります。何十年も破られていない記録を破るのはひとつの目標です」と言ってのけた。

「プレッシャーを力に変えていける性格なので、プレッシャーをかけてください」と笑う井上。やはり全てが規格外のモンスターだ。

●編集部オススメ

・井上尚弥が3階級制覇へ、バンタム級王者に挑戦

・バンタム級転向の井上尚弥、山中倒したネリ戦にも意欲

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース