TOP > 試合結果

【BLADE】ペトロシアン防衛 城戸リベンジならず

2015/08/01(土)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

▲リー(左)に右フックをヒットさせる花田(右)

▼第11試合 BLADE Superfight -62kg契約 3分3R延長1R
花田元誓(リアルディール/第2代RISEフェザー級王者)
判定3-0 ※30-28、30-28、30-29
●チャンヒョン・リー(韓国/仁川ムビジム/2011年M.K.F-60kgトーナメント優勝)

 リーは2012年に行われたK-1で梅野源治からダウンを奪って勝利、WPMF日本フェザー級王者・長嶋大樹もKOしている強打者。前進し続けるファイトが持ち味の花田が挑んだ。

 1R、花田が早くも打ち合いを挑むとリーも打ち合いに応じる。花田は左右フックに加えてヒザ蹴り。

 リーの右ストレートをもらっても花田は構わず前へ出て左右フックをヒットさせる。花田のヒザ蹴りがローブローとなって中断。再開後、リーが強烈な連打を決めた。

 2Rも前に出る花田。至近距離で左右フックとヒザを打ち合う。花田の左フックに大きく仰け反るリー。

 3Rも前に出て左右フックで攻めて行く花田だが、リーのパンチをもらってフラつく場面も。それでも花田は前進をやめずに手を出す。最後まで前に出て攻め続けた花田の判定勝ちとなった。

 花田はマイクを持つと、「SHIGERU選手、怪我で試合が出来なかったんですが、次やりましょう」と、当初対戦が決まっていたが怪我で欠場したSHIGERUとの仕切り直しの一戦をアピールした。


 

▲ヒザ蹴りでダウンを奪ったKOICHI(左)

▼第8試合 BLADE Superfight ヘビー級 3分3R延長1R
KOICHI(バンゲリングベイ・スピリット/WPMF日本ヘビー級王者)
判定3-0 ※29-27、29-27、30-28
●天田ヒロミ(天田フィジカル&ボクシングスクール/K-1JAPAN GP2004優勝)

 両者は2010年12月の『藤原祭り』で対戦し、この時はKOUICHIが判定勝ちを収めている。約5年ぶりの再戦となった。

 1R、前へ出てフックを繰り出す天田に対し、KOUICHIは回り込んでロー、ミドル、ヒザ蹴りを入れる。天田のパンチをかわしての右ローが何度もヒット。

 2R、早くもKOUICHIの右ローが効き始めるも、天田は前へ出てフックを振り回す。KOUICHIは徹底して天田と打ち合わず、右ローを蹴っていく。

 3R、天田が左ボディブローからの左フック、さらにボディへパンチを集めていく。

 KOUICHIはローを蹴り続け、天田が足を引きずる場面も。そして、右フックで天田がコーナーへ下がったところで、KOUICHIは飛びヒザ蹴りを顔面へ。これでダウンを奪い、勝利を決定的なものとし、判定勝ちした。

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > 試合結果

イベント日程
2015年8月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
≫もっと見る
アクセスランキング
≫もっと見る