TOP > 試合結果

【J-NETWORK】陣内が全力勝負で引退の谷村にはなむけ

2015/08/09(日)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

▲全力で向かってきた引退試合の谷村(左)を全力の蹴りで迎え撃った陣内(右)

J-NETWORK
「J-FIGHT&J-GIRLS 2015 4th」
2015年8月9日(日)東京・新宿FACE

▼第11試合 メインイベント 54kg契約 サバイバルマッチ1 2分3R延長1R
陣内まどか(エスジム/J-GIRLSバンタム級王者)
判定3-0 ※三者とも30-27
●谷村郁江(リアルディール/J-GIRLSバンタム級3位)

 両者は今回が3度目の対戦となり、2010年3月の初対決では陣内が判定2-1で辛勝、2度目の対決は2013年7月にバンタム級王座決定戦として行われ陣内が勝利して王者に。そして今回3度目の対戦は、谷村のラストマッチとして行われた。

 1R、谷村がいきなり仕掛けた。陣内に得意のミドルキックを蹴らせないように間合いを詰め、接近戦でパンチの連打。しかし、陣内は前蹴りで谷村を突き放し、距離を作ると左ミドルと左ストレートを叩き込む。谷村の気持ちに応えるように、珍しくパンチの打ち合いも見せる。

 2R、陣内はパンチの数を増やし、左右のストレートを打ち込む。前蹴りでしっかり距離を取り、谷村も打ち合うが陣内のパンチに仰け反ってしまう場面も。

 3R、パンチでの接近戦を挑む谷村を陣内は前蹴りで突き放し、左右ミドルの連打。蹴りまくる中、パンチも放つ。それでも谷村は前へ出てパンチを繰り出すが、陣内の圧倒的な手数・足数には及ばず。

 ジャッジ三者とも30-27のフルマークで勝利した陣内は、「谷村選手の引退試合なので、全力で応えないといけないと思い全力で蹴りました。私自身も気持ちのいい試合が出来ました」と語った。

 引退試合を勝利で飾ることは出来なかった谷村だが、「試合は気持ちだけで戦いました。グチャグチャでしたがスッキリしました」と笑顔で挨拶。引退セレモニーで10カウントゴングを聞き、リングに別れを告げた。

・【試合動画】陣内がJ-GIRLS王座初防衛に成功

・【試合動画】陣内vsシュートボクシング高橋藍

 


▲岩崎(左)がこの左ヒジ打ちでダウンを奪った

▼第10試合 スーパーライト級 3分3R ※ヒジあり
○岩崎悠斗(Ten Clover Gym/J-NETWORKスーパーライト級9位)
KO 3R 2分09秒 ※右ヒジ打ち
●貴雅(WSRフェアテックス/J-NETWORKスーパーライト級5位)

 岩崎は6月の『J-FIGHT』に出場し、千野陽祐をハイキック一発で失神KO。蹴り技を得意とし、2012年2月には『シュートボクシング』で現DEEPフライ級王者・元谷友貴と対戦して勝利を収めている。また、2013年7月の『Krush』では東本央貴にも勝利している新鋭だ。

 対する貴雅は、6月の『Muay Thai Open』で元J-NETWORKライト級王者・細野岳範の引退試合の相手を務め、力強い右ストレートと右の蹴りで元王者を破っている。

 1R、序盤の岩崎は顔面への前蹴り、ハイキックなどKO狙いの大技を繰り出していたが、中盤からはパンチでのボディ狙いに切り替える。貴雅も負けじとパンチ&右ローで前へ出た。

 2R、岩崎の強烈な左ミドルやボディブローが決まるが、貴雅はパンチの手数を多く出して右ローを的確に当てる。貴雅の勢いのある攻撃にペースがつかめない岩崎。

 しかし3R、組んできた貴雅に岩崎がヒジを連打。左ヒジでダウンを奪う。さらに立ち上がってきた貴雅へヒジを連打し、最後は右の縦ヒジで貴雅をマットに沈めた。

 岩崎はマイクを持つと「こんな試合をしてしまいましたが、僕の実力はこんなものじゃない。スーパーライト級のチャンピオン、上位ランカーと戦うチャンスをくれてもいいと思うので、試合を組んでください」と直訴した。

この大会の写真(全620枚)はこちら

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」、「」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > 試合結果

イベント日程
2015年8月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
≫もっと見る
アクセスランキング
≫もっと見る
Facebookもチェック