TOP > 試合結果

【BOM】ルンピニー二階級王者ワンチャロン強し!ユウがキャリア初のKO負け

2015/09/19(土)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

GRACHAN実行委員会/BOMプロモーション
「GRACHAN19×BOM IX.5」
2015年9月19日(土)東京・大田区総合体育館

左ミドルでユウ(左)をKOしたワンチャロン(右)

▼第24試合 ダブルメインイベント2 WPMF日本スーパーバンタム級 3分5R
○ワンチャロン・PKセンチャイムエタイ(タイ/ルンピニースタジアム認定スーパーフライ級5位、ラジャダムナンスタジアム認定スーパーフライ級1位)
KO 2R 1分29秒 ※左ミドル
●ユウ・ウォーワンチャイ(=大田原友亮/ウォーワンチャイムエタイジム/UKF世界スーパーバンタム級王者)

 ユウはタイの二大殿堂スタジアム、ルンピニーやラジャダムナンスタジアムで活躍してきた19歳の和製ムエタイ戦士。ここ数戦は日本のリングで試合を重ね、8月1日に行われたBLADE FC CUP 2015 -55kgトーナメント一回戦では前RISEバンタム級王者・村越優汰に僅差の判定負けを喫した。僅か1ヵ月半のショートスパンで復帰戦を迎える。

 そのユウと対戦するワンチャロンは、ルンピニーのフライ級&スーパーフライ級の元二階級王者。現在はルンピニーとラジャダムナンで上位にランキングされている現役バリバリの超強豪だ。

 1R、サウスポーのワンチャロンは序盤から重みのある左ミドルでユウを下がらせる。オーソドックスのユウはこれに構うことなく右ミドルをテンポよく当て、右ハイも蹴り込み五分の戦い。

 しかし、2Rになるとプレッシャーを強めるワンチャロンはさらに左ミドルでユウを下がらせ接近戦ではヒジも見せる。ユウをコーナーに詰めたところでワンチャロンが左ミドル。この一発でユウは悶絶し、立ち上がることが出来ず。ユウがキャリア初のKO負けを喫した。

 


 

竹内(右)から左ストレートでダウンを奪う林(左)

▼第21試合 ダブルメインイベント1 WPMF世界バンタム級暫定王座決定戦 3分5R
○林 敬明(TSKjapan/蹴拳ムエタイバンタム級王者、元TRIBELATEキックルールスーパーバンタム級王者、WPMF世界バンタム級7位)
KO 3R 44秒 ※右ヒジ
●竹内将生(エイワスポーツジム/WPMF日本バンタム級王者、WPMF世界バンタム級6位)
※林が暫定王者に

 当初はWPMF日本タイトルマッチとして行われる予定だったが、両者ともにWPMF世界バンタム級でランキング入りしていることから、WPMF世界バンタム級暫定王座決定戦として行われることとなった。

 1R、左ローをこつこつ当てる林はパンチ連打でいきなりダウンを奪う。2R、竹内はパンチからローにつないで反撃するが、林は右ヒジと左ストレートで2つのダウンを追加する。3R、林が右ヒジでさらに追加のダウンを奪い、KO勝ち。林が暫定王者を獲得し、連勝記録は12となった。

  

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > 試合結果