TOP > 試合結果

【ボクシング】岩佐が世界奪取、小國にTKO勝ち

2017/09/13(水)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

サウスポーの岩佐(右)が左ストレートを直撃させていった

「ダブル世界タイトルマッチ」
2017年9月13日 (水)エディオンアリーナ大阪

▼IBF世界スーパー・バンタム級タイトルマッチ 3分12R
〇岩佐亮佑(27=セレスジム/挑戦者・同級3位)
TKO 6R 2分16秒
●小國以載(29=角海老宝石ジム/IBF世界スーパー・バンタム級王者)
※岩佐が新王座に就く。小國は初防衛に失敗。

 昨年の大みそか、22勝22KOの怪物王者ジョナタン・グスマンからダウンを奪い、王座を奪取した小國は今回が初防衛戦。挑戦者の岩佐とは高校生のアマチュア時代に対戦し、その時は岩佐が圧勝を収めている。岩佐の世界挑戦は2015年6月にIBF世界バンタム級王座決定戦(6RTKO負け)を行って以来2度目。

 1R終盤、サウスポーの岩佐が小國の左ジャブに合わせた右ストレートでダウンを奪う。真正面に立つ小國に岩佐は左を狙い撃ちにし、2Rには左ストレートで2度のダウンを追加した。

 しかし5R、小國はパンチをもらいながらも距離を詰めてグスマンからダウンを奪った左ボディブローを狙い撃ち。前に出る小國に岩佐は距離をとる。

 そして6R、岩佐が足を止めて左ストレートを次々と叩き込むと、小國は口から激しい出血。岩佐の黄色いグローブが赤く染まる。それでも前へ出て岩佐にロープを背負わせて連打を繰り出す。残り44秒でドクターチェックとなり、ドクターは「ダメだ」と一言。ここで試合がストップとなり、岩佐が王座奪取に成功した。

 勝利者インタビューを受けた岩佐は「ここまで来るのは長くて大変でしたが、応援してくれる人がいっぱいいたおかげで世界のトップに立つことが出来ました。このベルトは本当に価値があると思います。めぐり合わせで小國チャンピオンに勝つことが出来ました。今日はたまたま僕の日だっただけです。神様に感謝します」と喜びを語った。

次ページ:試合展開の詳細

●編集部オススメ記事
・王者・小國があえて挑戦者カラーの青グローブを選択=計量
・【あしたのジョー】ラストシーンのフィギュアにブロンズバージョン登場

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



TOP > 試合結果

イベント日程
2017年9月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
≫もっと見る
アクセスランキング
≫もっと見る
Facebookもチェック