TOP > 世界格闘技最前線 一覧

【コラム】マクレガーは自分の敗戦をどう見たか?

元WOWOWのUFC中継解説者としても知られる格闘技ジャーナリストの稲垣收(いながき・しゅう)氏が、世界を舞台に格闘技のディープな情報を発信する世界格闘技最前線。

 8月26日(土・現地時間)アメリカ・ネバダ州ラスベガス・Tモバイル・アリーで行われた、ボクシング5階級制覇のフロイド・メイウェザー(40=米国)とUFC同時二階級制覇のコナー・マクレガー(29=アイルランド)による“世紀の一戦”は、メイウェザーのTKO勝ちとなった。勝者メイウェザー側からではなく、敗者マクレガー側から本人のコメントを元にこの試合を分析してみよう。(文:稲垣 收)
All Photos(C)DAZN

■採点を見ると一方的な試合ではなかった

 世界中が注目した“世紀の一戦”が終わった――。

 8月26日(土・現地時間)にラスベガスのTモバイル・アリーナで行なわれた12Rのボクシング・マッチで、UFC同時二階級制覇のコナー・マクレガーは、無敗で五階級を制覇した“ボクシング・レジェンド”フロイド・メイウェザーに10R1分5秒、TKO負けしたのだ。

“世紀の一戦”はメイウェザー(左)のTKO勝利に終わった。マクレガー(右)は試合後、冷静に試合を分析した

 それでもマクレガーは49戦無敗のメイウェザーを相手に、一度もダウンすることなく、立ったままの状態で打たれ続けたため、レフェリーが試合を止めたのだった。

 試合序盤にはかなり積極的に攻め、メイウェザーにジャブやアッパー、ボディブローをヒットさせるシーンもあった。特に1Rはジャッジが3者とも10-9でマクレガーに付けている。

 ジャッジの1人、デイヴ・モレッティは1~3Rをすべて10-9でマクレガーに付けた。日本のDAZNの放送で解説していた宇野薫と千原ジュニアも同様の見立てだ。

 しかしジャッジ2人、バート・クレメンツとグィド・キャヴァレッリは1Rをマクレガーに付けたのみで、残り8Rはすべてメイウェザーに付けている。クレメンツはトータル89-82でメイウェザー。キャバレッリは9Rを10-8の2ポイント差でメイウェザーに付け、トータル89-81でメイウェザー。

 だがアメリカでこの一戦をPPV(有料)放送したTV『ショータイム』の解説者で、ボクシング取材歴36年のスティーヴ・フェアフッドは、9Rまで86-85の1ポイント差でメイウェザーに付けており、ジャッジのモレッティによる87-83よりも、マクレガーに付けたラウンドが多かった。だから、試合前に多くの人が予想したような“完全に一方的な試合”では決してなかったのだ。

■両者の着弾率の差で驚きの結果が

『ショータイム』の記録によると、マクレガーは10R途中でレフェリーにストップされるまでに111発を着弾させた。一方メイウェザーは、170発を着弾させている。

 だが驚くべきはメイウェザーのパンチの正確性だ。 ・・・

===================================
※この記事は会員専用です。会員登録すると続きが読めます。

会員登録会員の方はコチラ

===================================



TOP > 世界格闘技最前線 一覧

イベント日程
2017年8月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
≫もっと見る
アクセスランキング
≫もっと見る