TOP > ニュース

【レベルス】フェザー級王者・清川引退、55kg王者・工藤は王座返上

2017/01/10(火)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

引退による王座返上を発表した清川

 キックボクシングプロモーション「REBELS(レベルス)」は、REBELS 55kg級王者・工藤政英(新宿レフティージム)が階級変更の理由から王座返上、REBELS-MUAYTHAIフェザー級王者・清川祐弥(新宿レフティージム)は現役引退による王座返上の申し出があったことを発表した。

 協議の結果、2人の申し出を受理し、REBELS 55kg級王座とREBELS-MUAYTHAIフェザー級王座は空位となることになった。

 引退する清川は2007年11月11日にM-1(現M-ONE)でプロデビュー。サウスポースタイルからの左ミドルキックを得意とし、J-NETWORKやムエロークなどで活躍してきた。ランカーにはなるも王座にはなかなか手が届かなかったが、2014年12月23日のREBELSでKING皇兵を破り初代REBELS-MUAYTHAIフェザー級王座に就いた。2015年9月27日には、WMC世界スーパーバンタム級王者・鷹大を相手に初防衛に成功している。

工藤は階級変更による王座返上。初防衛にも成功した

 2016年10月10日、J-NETWORKで宮﨑勇樹とJ-NETWORKフェザー級次期王者挑戦者決定戦を争い、判定負けした試合がラストマッチとなった。生涯戦績は39戦19勝(5KO)16敗4分。

●編集部オススメ記事
・清川最後の試合となった宮﨑勇樹戦
・KO勝ちで初防衛に成功した工藤

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

の続きを読む



【関連リンク】

TOP > ニュース

イベント日程
2017年1月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031
≫もっと見る
アクセスランキング
≫もっと見る
Facebookもチェック