TOP > ニュース

【NJKF】白神武央がISKA欧州ランカーを迎え撃つ

2017/03/27(月)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

白神(左)が連敗脱出を懸けてISKA欧州ランカーのアドゥイーニ(右)と対戦

 4月16日(日)岡山・山陽ハイツ体育館にて開催される『NJKF拳之会主催興行12th ~NJKF 2017 west 2nd~』の全対戦カードが決定した。

 ダブルセミファイナルIIでは、日本vsイタリア国際戦として、WBCムエタイ日本統一スーパーウェルター級王者・白神武央(拳之会)が、ISKAヨーロッパ・ウェルター級4位アレッシオ・アドゥイーニ(イタリア)を迎え撃つ。

 昨年6月のNJKF岡山大会で、WBCムエタイ日本統一タイトルを獲るまでKO勝利が多く好調だった白神、その後の2戦は負けが続いており今回が再起戦となる。

 対するアドゥイーニはメインで登場するアレキサンダー・ルーポと同門の31歳、身長177cmのオーソドックススタイルで、戦績は26勝(6KO)15敗2分。2012年にはWMC、2014年にはEML、2015年にはIKBFヨーロッパと、数々のタイトルを獲得している実力者だ(全てウェルター級)。そのファイトスタイルから付けられたニックネーム“Tempesta”はイタリアで“嵐”を意味する。

ライトフライ級王者・白築(左)が美保(右)の挑戦を受ける

 ダブルセミファイナルIでは、NJKFライト級王者・階勇弥(健心塾)と、元MA日本キックボクシング連盟スーパーライト級5位・矢野浩司(OZMOSIS)が対戦。両者は2011年7月にMAのリングで対戦経験があり、階が判定勝利を収めるも苦戦を強いられた。

 第7試合では、NJKFの女子部門ミネルヴァのライトフライ級タイトルマッチとして、王者・白築杏奈(138 KICKBOXING CLUB)vs挑戦者・美保(KFG URAWA)の対戦が決定している。

●編集部オススメ記事
・日本初のISKA・WKA世界ダブルタイトル戦に国崇が挑む 
・国崇、地元岡山で復活のKO勝ち、ISKA世界王座防衛

【大会・チケット情報】 4・16 ニュージャパンキックボクシング連盟/拳之会/ファイトプランニング 「NJKF拳之会主催興行12th ~NJKF 2017 west 2nd~」
 

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース

イベント日程
2017年3月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
≫もっと見る
アクセスランキング
≫もっと見る
Facebookもチェック