TOP > ニュース

【Krush】レオナの挑発に朝久が「死んでもらいます」

2017/04/01(土)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

「第5代Krush -60kg王座決定トーナメント準決勝」を戦う(左から)郷州、レオナ、朝久、安保

 4月2日(日)東京・後楽園ホールにて開催される『Krush.75』の前日計量&記者会見が、1日(土)13:00より都内で行われた。

 第3試合と第4試合で行われる「第5代Krush -60kg王座決定トーナメント準決勝」に出場する4選手が会見に出席。それぞれ意気込みを語った。

 安保璃紅(TRY HARD GYM)は「明日は自分の力をぶつけてぶっ倒して行きたい。練習して来たのは自分の穴をしっかり埋めて、必殺技をいっぱい考えて倒せる技が増えたので、明日はそれが出せればと思う。毎回変わらずKOで進んで行きたい。明日は倒せる安保を見に来てください」と、KOで勝つことを強調。

 対戦する郷州征宜(K-1ジム総本部チームペガサス)は、「体調がいいので今すぐにでも試合がしたい。Krushらしい試合をしたいので安保選手よろしくお願いします。前回、前々回よりも相手が倒せる感覚がつかめてきたので。今回はぶっ倒したい。安保選手、覚悟しておいてください。向こうは必殺技があるとか言っていますが、自分は頑丈なので特に問題ないと思います」と、何度も安保を見て挑発的な発言を繰り返した。

 朝久泰央(朝久道場)は、「試合がやりたくてひたすらウズウズしているところです。自分の動きをより磨いてきました。特にレオナ選手はパンチが強いのでヒザ蹴りを磨いてきました。まだ未完成ですが決まれば凄いことになる。他の誰も真似が出来ない、真似したくても出来ない自分のスタイルに磨きをかけています。そのスタイルを見てください」と、自分の手の内を明かす余裕とも思えるコメント。

 それに対し、レオナ・ペタス(バンゲリングベイ・スピリット)は「前の試合が終わってから時間があったので、次の課題を見つけてやって来ました。ヒザ蹴りと言っていましたが僕は身体が丈夫なので、やれるならやったらいいんじゃないか。そんなところは見ていないので。朝久選手はいい選手ですがこんなところで負けていたらチャンピオンにはなれない。明日は60kgの新チャンピオンになるレオナ・ペタスの試合をお願いします」と、やれるものならやってみろと言い放つ。

 それを聞いた朝久は、「こんなところで負けていられないと言われましたが、それはどうかなと思う。前回の試合で(相手に)死んでもらうぜと言ったので、今回もレオナさん、明日は死んでもらいます」と返答した。

●編集部オススメ記事
・SNS巡り19歳同士の因縁勃発「明日死んでもらうぜ」 
・トーナメント準々決勝の模様

【大会・チケット情報】 4・2 グッドルーザー 「Krush.75」
  

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

の続きを読む



【関連リンク】

TOP > ニュース

イベント日程
2017年4月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
≫もっと見る
アクセスランキング
≫もっと見る
Facebookもチェック