TOP > ニュース

【K-1】ヘビー級ホープK-Jeeが世代交代宣言

2017/04/07(金)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

1週間のオランダ修行で練習メニューががらりと変わったというK-Jee。小比類巻会長の持つミットへハイキック

 4月22日(土)東京・国立代々木競技場第二体育館にて開催される『K-1 WORLD GP 2017 JAPAN ~第2代スーパー・バンタム級王座決定トーナメント~』に出場するK-Jee(K-1ジムFUKUOKA小比類巻道場)の公開練習が、7日(金)都内で行われた。

 2分間のシャドーに続き、小比類巻貴之会長が持つミットを2分間打ったK-Jee。ハイキック、ヒザ蹴り、前蹴りなどを次々と繰り出して調子の良さをうかがわせた。「コンディションはいい感じ、というか普通です」とK-Jee。

 今回、日本ヘビー級トップクラスのKOICHI(バンゲリングベイ・スピリット)と対戦するにあたり、オランダへ渡ってメジロジム、ボスジム、マイクスジムでトレーニングを積んで来た。

「メジロジムとボスジムはテクニック中心だったので、主にスパーリング中心のマイクスジムで練習してきました。本物のヘビー級を味わいたくて行ったんですが、経験して練習メニューが全く変わりました。ヘビー級でやっていくためのビジョンが見えましたね」と、大きなカルチャーショックを受けたようだ。

「スパーでは何回やられたかな(笑)。ダウンしても『はい、立って』と手を引っ張られて、立ち上がらされてまた始まるんですよ。テクニックよりも身体が強いと感じました。喧嘩しているような感じで。日本人のヘビー級は身体が大きくても僕の方がスピードは速いですが、オランダの選手はさらに大きな身体でスピードがあって速い」と、世界のヘビー級の力をまざまざと見せ付けられたという。

 その結果、「世界と戦うには経験も身体もまだまだ」と悟ったようだが、今回対戦するKOICHIについて聞かれると「KOICHI選手は年も年だし、あとは落ちるだけ。僕はこれから上がるだけですからね。今回追い抜けると思います」と、KOICHI越えを宣言。

 今回の試合で国内ヘビー級の勢力図が「変わるでしょうね。世代交代出来ます」と言い放ち、現在国内K-1ヘビー級のトップに立っていると目されている上原誠についても「強いけれど上原選手の方がKOICHI選手よりもやりやすいと思っている」と、KOICHIの次は上原狩りに照準を置いていると語った。

●編集部オススメ記事
・重量級ベテランのKOICHI、新鋭相手に「レベルの違い見せる」 
・36歳vs26歳の新旧ヘビー級対決が決定

【大会・チケット情報】 4・22 K-1実行委員会「K-1 WORLD GP 2017 JAPAN ~第2代スーパー・バンタム級王座決定トーナメント~」

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース

イベント日程
2017年4月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
≫もっと見る
アクセスランキング
≫もっと見る
Facebookもチェック