TOP > ニュース

【K-1】久保賢司がトーナメント制覇に自信「天下統一のやり方を教える」

2017/04/08(土)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

公開練習でのミット打ちで好調をアピールした久保

 4月22日(土)東京・国立代々木競技場第二体育館にて開催の『K-1 WORLD GP 2017 JAPAN ~第2代スーパー・バンタム級王座決定トーナメント~』に出場する久保賢司(K-1ジム五反田チームキングス)の公開練習が、4月8日(土)都内の所属ジムで行われた。

 シャドーボクシング、そしてタイ人トレーナーを相手に蹴りとパンチのミット打ち、パンチのみのミット打ちを披露し、好調をアピールした久保。

 試合自体はプロボクシングでの最後の試合となった2015年8月以来となり、試合間隔が心配されるところだが、「最初は身体がしんどかったが、前よりも良くなって新しいパフォーマンスが出来ると思うので試合が凄く楽しみです。試合が近づくに連れて、僕の狂気はどんどんでかくなっていて早く人をぶん殴りたい」と試合が待ち遠しい様子。

 久保は2006年9月にキックでプロデビューし、6戦目ではタイでWPMO世界フライ級王座を獲得するなど、ムエタイスタイルの時期もあり、「ボクシングをやっていたけど、蹴りの感覚も戻ってきて蹴りでも勝負できる自信があります」と笑みを浮かべる。

 今回、世界から強豪がズラリと揃った世界トーナメントとなるが、久保は「警戒している相手は特にいないですし、7人全員ぶっ潰す気でいます。今回はいいメンバーが集まったかなと思いますが、僕がボクシングを引退してK-1復帰を決めたのは(出場メンバーを見て)こいつらだったら全員を潰せると思ったから。自分が優勝する確信はあります」と自信満々のようだ。

 現在は所属ジムでプロ選手でありながら指導する立場でもある久保は「僕は全員をチャンピオンにしたいと思っているので、僕の背中を見せて天下統一のやり方を教えてやりたい」と最後まで強気なコメントを残した。

●編集部オススメ記事
・久保賢司、復活の勝利!インドネシア王者を撃破 
・元RISE王者・久保賢司、WBC世界ランカーにTKO負け

【大会・チケット情報】 4・22 K-1実行委員会「K-1 WORLD GP 2017 JAPAN ~第2代スーパー・バンタム級王座決定トーナメント~」

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース