TOP > ニュース

【ボクシング】「UFCからオファーが来た」とメイウェザー、契約金は1000億円超?

2017/12/14(木)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

メイウェザー(右)がまさかのUFC参戦もありうるのか 写真=NAOKI FUKUDA/WOWOW(C)

 8月に1試合だけ復帰して、UFC二階級制覇のコナー・マクレガーとのボクシング・マッチで10RTKO勝利した“ボクシング・レジェンド”フロイド・メイウェザー(アメリカ)。この試合で戦績を50戦全勝とし、数百億円稼いで再び引退。「もう復帰することはない」と勝利直後のリング上で語っていたが、ここに来て復活を匂わせる発言をするようになった。

 中でも特に注目なのが、最近彼がSNS上に流した動画で、「UFCからオファーが来た。俺はUFCでカムバックすることもできる。(UFCの)オクタゴンで戦うことがな」と語っていることだ。

「俺はオクタゴンでの3~4試合契約で、10億ドル(1100億円以上)稼ぐことができる。思い出せ、俺はフロイド・“マネー”・メイウェザーだからな。そしてお前らカスどもは俺を愛してるし、俺も、お前らカスどもを愛してるぜ」と、オファーされた金額も明らかにした。

UFC王者マクレガー(右)とのボクシングマッチは世界中の注目を集めた 写真=getty

 たしかにメイウェザーが総合ルールに挑戦してUFCで戦うとなれば、非常に大きな注目が集まるだろうし、PPV(有料視聴)契約数も、マクレガー戦の440万件を超えるものになるかもしれない。

 だが総合格闘技ルールで戦うことは、メイウェザーにとって大きなリスクだ。UFCにはボクシング3階級制覇のジェームズ・トニーが2010年に出場し、UFC二階級制覇のランディ・クートゥアーと戦ったが、あっという間に低空タックルで倒され、3分19秒、肩固めで一本負けしている。

 女子では、ボクシング3階級制覇のホーリー・ホルムがロンダ・ラウジーをKOしてUFC女子バンタム級王座に就いた前例もあるが、ホルムの場合は元々キックボクシングの経験もあり、総合格闘技の名門ジム、「ジャクソンズMMA」で長年トップファイターたちと総合の練習を積んできてから出した結果だった。

 40歳のメイウェザーが、今から総合の練習をしても、UFCで通用するとは思えない。

 しかしそれでも、世界中の注目が集まる試合になることだけは間違いないだろう。実現するならば、まずはマクレガーとのUFCルールでの再戦か。

●編集部オススメ

・世紀の一戦はメイウェザーがマクレガーに10RでTKO勝ち

・メイウェザーとマクレガーが会見で乱闘寸前「今ここでやってやる!」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース