TOP > 試合結果

【ボクシング】世紀の一戦はメイウェザーが10RでTKO勝ち

2017/08/26(土)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

「メイウェザーvsマクレガー」
2017年8月26日(土・現地時間)アメリカ・ネバダ州ラスベガス・Tモバイル・アリーナ

▼ボクシングルール スーパー・ウェルター級 3分12R
〇フロイド・メイウェザー(40=アメリカ/プロボクシング五階級制覇王者)
TKO 10R 1分05秒 ※レフェリーストップ
●コナー・マクレガー(29=アイルランド/UFC同時二階級制覇王者)

世紀の一戦はボディを攻めたメイウェザーが10RにTKO勝ち(photo=DAZN)

 ボクシング5階級制覇のフロイド・メイウェザー(40=米国)とUFC同時二階級制覇のコナー・マクレガー(29=アイルランド)による“世紀の一戦”は、メイウェザーのTKO勝ちとなった。

 1Rから積極的にパンチを出して攻めていったのはマクレガー。構えをスイッチするトリッキーな動きも見せながら、1Rに左アッパーをヒットさせる場面も。メイウェザーは序盤から右ボディストレートを多用した。

記者会見で舌戦を展開していた両者の決着がついた(photo=Getty)

  4Rになるとメイウェザーがスイッチを入れ、スピードを上げて右ボディを打ちながら前進してマクレガーを後退させる。7Rになると明らかにスタミナ切れのマクレガーにメイウェザーの右ストレートが何度もヒットし、マクレガーはのけ反る。

 9Rはメイウェザーの右ストレートがクリーンヒットし、マクレガーが大きく後退。そこへメイウェザーの連打が決まる。そして10R、メイウェザーが右ストレート、左フックでラッシュをかけ、マクレガーがロープにもたれたところでレフェリーがストップした。

 メイウェザーはこれで50戦全勝27KOのレコードに。「これが私の最後の試合です。本当です。今日は素晴らしいダンスパートナー、マクレガーを最後に選んだ。マクレガーとアイルランドのみんな、大好きだよ」と、メイウェザーはこれが本当に最後だと語った。

次ページ:ラウンド毎の試合展開詳細

●編集部オススメ記事
・メイウェザーvsマクレガー公開計量でも火花
・マクレガーが「1Rで失神KO」予告、メイウェザーもKO宣言

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」、「」をもっと見る



TOP > 試合結果

イベント日程
2017年8月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
≫もっと見る
アクセスランキング
≫もっと見る
Facebookもチェック