TOP > ニュース

【Krush】毒舌・林健太、ゴンナパーとの再戦しか興味なし

2017/12/25(月)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

打倒ゴンナパーを2018年のテーマに掲げる林(左)と、連敗から脱出したい泰斗(右)が対戦

 2018年2月12日(月・祝)東京・後楽園ホールで開催される『Krush.85』の記者会見が、12月25日(月)都内で行われ対戦カードが発表された。

 11月大会でゴンナパー・ウィラサクレック(タイ/ウィラサクレック・フェアテックスジム)に1R2分7秒でKO負けを喫した第3代Bigbangスーパー・ライト級王者・林健太(23=K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)が再起戦に臨む。対戦相手は名古屋のベテラン・泰斗(30=チーム泰斗)に決定。

常にヘラヘラしている林

 林は「前回たくさんの方が応援してくれたのにあんな負け方をしたので、誰と試合を組まれてもしょうがない。(泰斗の方を見て)うなぎ登りの選手ではないので勝って当たり前。打倒ゴンナパーに向けて頑張ります」と、目の前の泰斗戦よりもゴンナパーとの再戦へ目が向いているようだ。

 泰斗の印象を聞かれても、泰斗が「(林は)パンチが強くてガンガン前へ打ち合いにくるイメージです」と評したのに対し、「パンチでガンガン行くとすぐ倒れているイメージですね。アゴが弱いのでは」とヘラヘラとした笑いを浮かべて毒を吐く。

 さらに「(ゴンナパーに負けて)両親2人から『いつ引退するのか』と聞かれたが、僕はこれからなので。たくさんの人が応援してくれたので、リベンジしないといけない。打倒ゴンナパーへ向けて、ちょっと打たれ弱いですがいいスタートダッシュが切れるようにしたい。リベンジへの1試合目だと思っているのでしっかりと……しっかり狙わないでも倒れると思うので必ずKOで勝ちます」と、まさに言いたい放題。

 泰斗は「まずメリークリスマス。8月の名古屋大会で肋骨が折れて半年ぶりの再起戦です、連敗続きで、先週30歳を迎えて節目なので来年は飛躍しないといけない。落とせない試合です」との意気込み。

 林の毒舌に対しては「実際、打たれ弱いかも(笑)。連敗続き(4連敗)でまずいと思っているが、来年は本当に完全復活に向けて復活する自信があるのでお楽しみに。強敵ですがしっかり倒してアピールして、完全復活します」と大人の態度で返した。

<決定対戦カード>

▼Krush -63kg Fight 3分3R延長1R
林 健太(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST/第3代Bigbangスーパー・ライト級王者)
vs
泰斗(チーム泰斗)

●編集部オススメ

・林がゴンナパーに敗れた11月のKrush全試合結果

・NOMAN初防衛戦で泰斗に苦闘

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース