TOP > ニュース

【クインテット】元UFCファイターの足関王が緊急参戦

2018/04/10(火)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

グレゴー・グレイシー(中央)、宇野薫(右)を擁するPOLARIS Dream Teamにヘルド(右から2人目)が新たに加わった

 4月11日(水)東京・両国国技館で開催される桜庭和志(48=フリー)プロデュースの新格闘技イベント『QUINTET.1ーGrappling Team Survival Match-』(クインテット)。

 今大会では5人で1チームを結成し、グラップリングルール(打撃なし、組み技のみ)による勝ち抜き戦で勝敗を争う。今回は世界各国から集められた4チームがトーナメントに参加するが、出場選手の変更があった。

 イギリス発で世界トップ選手が集うプログラップリング大会『POLARIS』(ポラリス)から参戦する、グレゴー・グレイシー(ブラジル)率いるPOLARIS Dream Teamのチャールズ・ネグロモンテ(ブラジル)が欠場。代わってマーチン・ヘルド(ポーランド)が出場する。

 ヘルドはブラジリアン柔術をバックボーンに持ち、足関節技を得意とし“ポーランドの足関王”の異名を持つ。ADCC2010ポーランド選手権77kg未満級王者、2011FILAグラップリング欧州選手権No-Gi75kg級王者などグラップリング大会での実績を持つほか、POLARISには2度参戦して2戦目では腕十字固めで一本勝ち。また、MMA(総合格闘技)でもアメリカの『Bellator』と『UFC』で活躍。Bellatorではライト級トーナメント優勝も果たしている。

 MMAの戦績は23勝7敗で、23勝のうち12勝を足首固め、ヒールホールドなどの関節技で一本を奪っている。

【大会・チケット情報】 4・11 ラバーランド 「QUINTET.1ーGrappling Team Survival Match-」

●編集部オススメ

・桜庭和志vs石井慧実現か、新たなグレイシーや因縁の相手も参戦

・桜庭和志プロデュース新イベントのルール概要が決定

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース