TOP > ニュース

【QUINTET】桜庭和志vs石井慧実現か、新たなグレイシーや因縁の相手も参戦

2018/02/01(木)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

世界各国から集まるチームを迎え撃つ、桜庭率いるHALEO Dream Team(左から所英男、桜庭和志、マルコス・ソウザ、中村大介)

 4月11日(水)東京・両国国技館で開催される桜庭和志プロデュースの新格闘技イベント『QUINTET.1ーGrappling Team Survival Match-』(クインテット)の記者会見が、2月1日(木)都内にて行われた。

 この新イベントの試合は打撃を禁止した組み技限定のグラップリングルール(絞め・関節技で一本を獲り合う)で行われ、1チーム5人によるチーム対抗勝ち抜き戦がトーナメントで行われる。会見では豪華な出場メンバーが発表された。

「JUDO DreamTeam」には北京五輪柔道100kg超級金メダリストの石井慧、かつてPRIDEで桜庭とも対戦した2001世界柔道選手権90kg級3位ユン・ドンシク(韓国)、DREAMで菊野克紀や中村大介と対戦したシドニー五輪柔道60kg級銀メダリストのチョン・ブギョン(韓国)が名を連ねた。残り2名は未定だが、リーダーのドンシクは「地球上から最強の選手を集めるつもりだ」とVTRでコメントを寄せている。

 イギリス発で世界トップ選手が集うプログラップリング大会『ポラリス』からは、「POLARIS Dream Team」としてグレゴー・グレイシー(ブラジル)、チャールズ・ネグロモンテ(ブラジル)、クレイグ・ジョーンズ(オーストラリア)、ダン・ストラウス(イギリス)に加えて、ポラリスに参戦したことのある元UFCファイター・宇野薫がVTRでチーム加入に名乗りをあげた。

 ロシアの国技サンボの使い手が集った「SAMBO Dream Team」は、RIZINで活躍するテオドラス・オークストリス(リトアニア)、かつてDREAMで桜庭と対戦してDREAMウェルター級王座にも就いたマリウス・ザロムスキー(同)、コンバットサンボの欧州王者ミンダウガス・ベルツビカス(同)、2007・2009・2012世界サンボ選手権金メダリストのセルゲイ・グレチコ(同)、ミキータ・ミフノ(ウクライナ)がチームを結成。

 この3チームと桜庭率いるHALEO Dream Team(所英男、ジョシュ・バーネット、中村大介、マルコス・ソウザ)の4チームによるトーナメントで優勝が争われる。

 メンバーの順番(先鋒、次鋒、中堅、副将、大将)や勝ち抜きによって夢の対決が実現しそうだ。

 グレイシー一族とは数々の激闘を繰り広げてきた桜庭。ポラリスのオーナーであるマット・ベイヨン代表は「桜庭と戦うならグレイシーは絶対でしょう。グレゴーにグレイシーを代表して参戦してもらう。彼はとても燃えている。それにダン・ストラウスはホジャー・グレイシーから黒帯を授かっている。最高のチームになっているから絶対に勝ちます」と、桜庭にグレイシーからの“刺客”を用意したとVTRでコメント。

2010年大みそかの『Dynamite!!』でザロムスキー(右)と対戦した桜庭は、耳がちぎれるというアクシデントでTKO負けを喫した

 ザロムスキーについて桜庭は「ザロムスキーは打撃系じゃないのかと思ったんですが、寝技も強いとのことです。(DREAMでの試合で)タックルに入った時に耳が取れたので(試合中に耳が半分ちぎれるというアクシデントでTKO負け)、今度はあいつの耳を取ってやろうと思っています」と“耳そぎリベンジ”を誓った。

 また、石井慧との対戦もあり得ることについては「石井選手はジョシュとも練習していて寝技も強いと聞いているので楽しみです。団体戦を知っているのでこっち側の作戦を聞いてみようと思っています(笑)。やってみないと分からないですが、力が強そうですよね。僕は対戦してもしなくてもどっちでもいいです」とコメントした。

<出場チーム>

「HALEO Dream Team」
桜庭和志(フリー/1997年UFC-Jヘビー級トーナメント優勝)
ジョシュ・バーネット(アメリカ/CSW/第7代UFCヘビー級王者)
所 英男(リバーサルジム武蔵小杉所プラス/2004年ZSTフェザー級グラップリングトーナメント優勝)
中村大介(総合格闘技夕月堂本舗/第7代DEEPライト級王者)
マルコス・ソウザ(ブラジル/ボンサイ柔術/ワールドプロ柔術2013世界大会優勝)

「JUDO DreamTeam」
石井 慧(ブラック・ハウス/レインMMA/北京五輪柔道100kg超級金メダリスト)
ユン・ドンシク(韓国/2001世界柔道選手権90kg級3位)
チョン・ブギョン(韓国/シドニー五輪柔道60kg級銀メダリスト)

「POLARIS Dream Team」
グレゴー・グレイシー(ブラジル/ヘンゾ・グレイシー柔術アカデミー)
チャールズ・ネグロモンテ(ブラジル/ホジャー・グレイシーアカデミー/2018年UAEJJFグランドスラムツアー・アブダビ王者)
クレイグ・ジョーンズ(オーストラリア/2015年IBJJF世界No-Gi王者)
ダン・ストラウス(イギリス/Grapple Nation Ultra HeavyWeight SuperFight王者)
※もう1名は宇野薫(UNO DOJO)が候補

「SAMBO Dream Team」
テオドラス・オークストリス(リトアニア/ウクメルゲ柔道スポーツクラブパンクラスジム/Bushido FC欧州ライトヘビー級王者)
マリウス・ザロムスキー(リトアニア/初代DREAMウェルター級王者、DREAMウェルター級グランプリ2009優勝)
ミンダウガス・ベルツビカス(リトアニア/コンバットサンボ欧州&リトアニア王者)
セルゲイ・グレチコ(リトアニア/2007・2009・2012世界サンボ選手権68kg級金メダリスト)
ミキータ・ミフノ(ウクライナ/RFP TEAM/コンバットサンボ欧州王者、ウクライナグラップリング&柔術選手権優勝)

●編集部オススメ

・「QUINTET」のルール・大会概要など

・桜庭和志がプロ格闘技イベント「QUINTET」旗揚げ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース