TOP > ニュース

【Krush】初防衛戦決定の郷州征宜、K-1で武尊に敗れて「もっと強くなるチャンスをもらった」

2018/04/24(火)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

トリプルタイトルマッチに出場する(左から)スーパー・フェザー級王者の郷州、バンタム級王者の軍司、女子アトム級王者の松下

 6月30日(土)東京・後楽園ホールにて開催される『Krush.89』の対戦カード第一弾が、4月24日(火)都内で行われた記者会見で発表された。今大会では2011年4月大会以来となるトリプルタイトルマッチが行われる。

 Krushスーパー・フェザー級タイトルマッチとして、王者・郷州征宜(32=K-1ジム総本部チームペガサス)が島野浩太朗(26=菅原道場)の挑戦を受けての初防衛戦を迎える。

郷州(左)の初防衛戦の相手は、挑戦者決定戦で初回KO勝ちした島野(右)

 郷州は生まれつきの難聴というハンディキャップを背負いながら、プロ27戦目で第5代王者・安保璃紅を破り王座を奪取。島野は3月大会で山本直樹と挑戦者決定戦を争い、1R1分53秒の速攻KOで挑戦権をつかんだ。島野がKrushタイトルマッチを行うのは、2014年11月の卜部弘嵩との同王座決定戦以来。

 両者には縁がある。2016年4月の『K-1 WORLD GP 2016 IN JAPAN』での-60kg日本代表決定トーナメント・リザーブマッチで初対決が決まっていたが、トーナメントに欠場者が出たため島野が繰り上がり出場となり、対戦はなくなった。続けて、2017年に行われた「Krush -60kg挑戦者決定トーナメント」では1回戦を勝ち上がった島野が欠場となり、代わって郷州が出場することになって同トーナメントで優勝。挑戦権を手にして王座奪取へとつながったのである。

 郷州は「挑戦者決定トーナメントに滑り込むことが出来て私がチャンピオンになれたのは島野選手のおかげですし、縁のある選手だと思っています。その島野選手と試合が決まって嬉しく思います。ただ、勝つのは絶対に私です」と王座防衛を誓う。

 対する島野は「目標にしてきたKrushのベルトを懸けた一戦であること、そして郷州選手というチャンピオンとの戦いであること。自分にとって大きな意味のある一戦になると思います。過去最高の自分を用意して必ずベルトを獲ります」と、こちらは王座奪取を宣言。

 島野は郷州を「ガンガン前へ出て激闘派のイメージが強い選手ですが、自分の中ではクレバーさが一番の強みだと考えています。試合の中で常に自分が勝つために一番可能性が高い動きや技が徹底して出来る選手だと思っています」と評し、郷州は島野を「とても礼儀正しく、同じ選手として尊敬しています。試合ではやはり一発が怖いので、そこに注意したい。今まで通りの自分ではなく、過去最高の自分を準備して出せれば絶対に勝てると思うので今まで以上に練習します」と評した。

 初防衛戦について郷州は「少し変わった感じはあるかもしれないですが、そもそも3月に武尊選手に負けていますし、チャンピオンらしい試合も出来なかったので、武尊選手に負けたことによって自分がまだ弱いんだなと。もっと強くなるチャンスを武尊選手からもらった気がします。だから今回は初防衛戦ですが挑戦者の気持ちで気を引き締めてやりたいと思います」と、3月のK-1 WORLD GP第4代スーパー・フェザー級王座決定トーナメント準決勝で武尊にKO負けしたことで、気が引き締まったという。

 その武尊戦での心身のダメージについては「ゆっくり休ませてもらったのでもう大丈夫です。通常通り練習もやっています。過去最高の自分を出せるように練習しています。楽しみにしていてください」と、すでに回復していると話した。

 一方、島野は会見場に姿を現した時から、いつも以上にギラギラしているように見え、「郷州選手は周りの人の気持ちを試合に乗せることが出来て、それを強さに変えることが出来る選手。試合では徹底して勝つための戦闘マシーンになれる選手だと思っています。自分が中途半端な準備をして、どこかに抜け目があれば壊すことは出来ないチャンピオンだと思っているので、この一瞬もそうですが試合当日までに最高の準備と覚悟をしてリングに上がるつもりです」と、すでに準備は始まっていると気合い十分のコメントを残した。

<決定対戦カード>

▼Krushスーパー・フェザー級タイトルマッチ 3分3R延長1R
郷州征宜(32=K-1ジム総本部チームペガサス/王者)
vs
島野浩太朗(25=菅原道場/挑戦者)

▼Krushバンタム級タイトルマッチ 3分3R延長1R
軍司泰斗(19=K-1ジム総本部チームペガサス/王者)
vs
金子晃大(21=K-1ジム・シルバーウルフ/挑戦者)

▼Krush女子アトム級タイトルマッチ 3分3R延長1R
松下えみ(36=T-KIX GYM/王者)
vs
443(よしみ/30=NEXT LEVEL渋谷/挑戦者)

●編集部オススメ

・【K-1】武尊が郷州征宜を1RでKO、小宮山工介との決勝戦へ進出(動画あり)

・MA王者・島野浩太朗が圧勝で王座挑戦権を獲得

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース