TOP > ニュース

【パンクラス】イケメン格闘家・瀧澤謙太、元女子柔道強化選手・東陽子など参戦

2018/05/02(水)UP

サウスポーで打撃を得意とするTSUNE(左)

 7月1日(日)、東京・新木場スタジオコーストで開催される『PANCRASE 297』の追加対戦カードが発表された。

 バンタム級4位のTSUNE(リバーサルジム新宿Me,We)と、同級6位の瀧澤謙太(リバーサルジム東京スタンドアウト)の対戦が決定した。

 TSUNEは社会人野球の投手を務めたこともある野球出身の32歳で、打撃を得意とする。DEEPを主戦場とした後パンクラスに参戦。パンクラス戦績は7戦6勝。昨年7月、元修斗世界バンタム級王者の上田将勝に判定で敗れるまでは4連勝。上田戦後も2連勝と好調だ。

思い切りの良い打撃で豪快に倒す瀧澤

 対する瀧澤はイケメン格闘家として売り出し中の22歳。小学校では新極真会で6年間フルコンタクト空手を、高校の3年間では部活でレスリングと、打撃とグラウンドの二つをベースにしている。パンクラスデビュー後は3連続KOを飾り、7勝のうち5勝がパンチによるKOと、強打を誇る。
 今年3月には、2013年ネオブラッド・トーナメントに優勝し強打者として知られるハルク大城をグラウンドパンチで沈め、自身のパンチKO記録を増やした。

 ともにタイトルマッチ挑戦が見えてきた位置の二人。強打者同士の戦いを制し、上へ登るのはどちらか。

 また、45歳のベテラン・滝田J太郎(和術慧舟會 東京道場)の参戦も決定した。コスプレや女装など派手な入場が印象的だが、実力もまだまだ衰えず、昨年10月のグランドスラムではチョークスリーパーで一本勝ちしている。
 対戦相手の木村一成(パンクラスイズム横浜)は、2017年はパンクラス3連勝だったがネオブラッド・トーナメント決勝戦でKO負け、今回が再起戦となる。

元女子柔道強化選手・東(左)が、女子プロレスラー・直(右)を迎え再起戦

 女子柔道の元全日本強化選手として期待のかかる、東陽子(和術慧舟會 AKZA)の第二戦も決定した。東は昨年12月のプロデビュー戦で韓国のキム・ミュンボに腕十字で一本負け。今回は上京し、ジムを移籍しての再起戦となる。
 対戦相手は女子プロレスラーで、DEEP JEWELSなどに出場、J-NETWORKのキックボクシング戦でも活躍する直DATE(team DATE)。

<追加対戦カード>

▼バンタム級 5分3R
TSUNE(リバーサルジム新宿Me,We/同級4位)
vs
瀧澤謙太(リバーサルジム東京スタンドアウト/同級6位)

▼フェザー級 3分3R
滝田J太郎(和術慧舟會 東京道場)
vs
木村一成(パンクラスイズム横浜)

▼バンタム級 3分3R
東 陽子(和術慧舟會 AKZA)
vs
直DATE(team DATE)

●編集部オススメ

・瀧澤謙太が2RTKO勝ち

・女子柔道の元全日本強化選手がデビュー

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース