TOP > 試合結果

【シュートボクシング】立ち技最強の牙城守った!“怪物くん”鈴木が優勝

2013/11/16(土)UP

eFightの「シュートボクシング」特集
アンディ・サワーのテクニック講座、S-cup2010を制覇したブアカーオのインタビュー、RENAの一日密着動画やインタビュー、梅野孝明がパンチの強さの秘密を大公開、セクシー満開ラウンドガールオーディション動画など、必見!

▲鈴木博昭(左)がS-cup2013 65kg日本トーナメントを制覇し、シーザー武志会長(中)は思わず涙を見せる

シュートボクシング協会
「~SHOOT BOXING BATTLE SUMMIT~GROUND ZERO TOKYO 2013」
2013年11月16日(土)東京・両国国技館

▲鈴木博昭(左)は飛びヒザ蹴りで小見川道大(右)をKO!

▼メインイベント(第16試合) S-cup2013 65kg日本トーナメント決勝戦 3分3R延長2R
○鈴木博昭(ストライキングジムAres/SB日本ライト級王者)
KO 2R1分54秒 ※飛びヒザ蹴り
●小見川道大(吉田道場)
※鈴木がトーナメント優勝

 S-cup2013 65kg日本トーナメント決勝はSB日本ライト級王者・鈴木VS総合格闘家・小見川という顔合わせとなった。

 1R、左右のフックから組みついていく小見川。サウスポーの鈴木は左右のハイキックを蹴るが、小見川は構わず前に出ていく。ここで鈴木が左ローがローブローとなり、試合が一時中断となる。再開後、小見川はパンチのタックルのプレッシャーで前進。

 鈴木は左の前蹴りでそれを突き放して左ロー、左ハイキックで小見川の動きを止める。

 2R、ミドル、前蹴り、ハイキック、ローと左の蹴りで距離を取る鈴木。小見川も右フックと右ストレートを返す。鈴木は頭を下げて突っ込む小見川にヒザ蹴りを突き上げると、下がる小見川に右の飛びヒザ蹴り。これで小見川が前のめりにバッタリと倒れ、レフェリーが試合をストップ。鈴木が見事な一撃で小見川を下し、S-cup2013 65kg日本トーナメントを制した。

 試合後、鈴木は「ずっとSBのワンデイトーナメントに出たいと思って、僕が優勝せんでどうすんの?と思って、これにかけてやってきたいので、本当にうれしいです。これが僕の人生です」とあいさつ。「俺が65kgのSBのチャンピオンです、文句があるやつはかかってこい!」と王者として誰の挑戦でも受けると高らかに宣言した。


 

▲オーストラリア最強モクソン(右)も寄せ付けなかったサワー(左)

▼セミファイナル(第15試合) スペシャルワンマッチ エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R
○アンディ・サワー(オランダ/TEAM SOUWER/S-cup2002・2004・2008・2012優勝)
判定3-0 ※30-29、30-28、30-28
●スティーブ・モクソン(オーストラリア/WKF世界ミドル級王者)

 SBのビッグイベントには欠かせないサワーが今大会にも参戦。プロボクシングの経験もあるオーストラリアの剛腕ファイター・モクソンと拳を交えた。

 1R、ジャブを突いて前に出るモクソン。サワーはガードを固めて左ミドルとローを返す。モクソンは身体を左右に振りながらプレッシャーをかけ、サワーも得意の右クロスを狙う。残り1分を過ぎると、サワーが右ストレートからパンチをまとめて手数を増やす。

 モクソンも右ストレートと左フックを返す。

 2R、モクソンの右フックを受けて、サワーはすぐに左フックを返す。モクソンは左フックや右アッパーと回転の早い連打を繰り出すが、サワーはしっかりとそれをディフェンスして右ローから反撃開始。細かいパンチのコンビネーションから右ローにつなげ、右ストレート、右ハイキックを放つ。残り30秒を過ぎると、サワーはモクソンをコーナーに詰めて連打をもとめる。

 3R、右のパンチから前に出ていくモクソン。サワーはそれをブロックして右ローを返す。サワーのローを受けても果敢にパンチで前に出るモクソンだが、サワーも左フックとカウンターを合わせ右クロス、さらに右ローと手数を増やす。判定決着となったものの、サワーが貫録の強さを見せつけて勝利した。


 

▼第14試合 スペシャルワンマッチ エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R
○長島☆自演乙☆雄一郎(魁塾/K-1 WORLD MAX 2010日本トーナメント優勝)
判定3-0 ※三者とも29-26
●宍戸大樹(シーザージム/SB東洋太平洋ウェルター級王者)

 昨年のS-cupでは準決勝敗退に終わったものの、現在は3連勝と勢いを取り戻している宍戸。今大会ではK-1MAX2010日本王者のコスプレファイター・長島と対戦した。SBには初参戦となる長島はキックパンツの下にロングスパッツを履いてリングに上がる。

 1R、インローと左ミドルを蹴る宍戸。ジャブ・左フックから飛び込む長島が鋭いワンツー。この右ストレートで宍戸からダウンを奪う。

 再開後、宍戸は左ミドルから右バックブロー。長島はパンチで距離を詰めて足を刈るようにテイクダウン。宍戸も右のバックスピンキックを当て、長島の蹴りをキャッチしてマットに押し倒す。

 2R、宍戸が顔面へのサイドキックからバックブロー、バックブローと回転技を連発。組みつく長島が投げを狙うと、宍戸も一本背負いを狙う。

 残り1分、宍戸は長島をコーナーに詰めてボディを攻め、組みの攻防になると投げへ。バックブロー、ボディへの前蹴り、バックキックを突き刺す。

 3R、左ミドルを蹴る宍戸。そこに長島が左フックを合わせて宍戸が尻餅をつくと、レフェリーがダウンを宣告する。ポイントでリードを奪われた宍戸はジャブと左ミドルで前に出て、左右のバックキック、顔面へのサイドキックを突き刺す。

 長島も右フックと左ボディを返すが、宍戸が顔面へのバックキックやバックブローを狙うが、クリーンヒットはない。1・3Rにダウンを奪った長島が宍戸から勝利をもぎ取った。

 試合後、長島は「シーザー会長、ロングスパッツを作ってください!」とSBへの継続参戦を匂わせるコメントを残してリングを降りた。

eFightの「シュートボクシング」特集
アンディ・サワーのテクニック講座、S-cup2010を制覇したブアカーオのインタビュー、RENAの一日密着動画やインタビュー、梅野孝明がパンチの強さの秘密を大公開、セクシー満開ラウンドガールオーディション動画など、必見!

関連記事

関連記事をもっと見る≫

【関連リンク】

TOP > 試合結果

イベント日程
2013年11月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
≫イベント日程はこちら
出場・参加者募集
アクセスランキング

 

Facebookもチェック