TOP > ニュース

【RIZIN】BUSHIDO王者テオドラス「日本には観光客として来たわけではない」

2015/12/27(日)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

 12月27日(日)都内ホテルにて、12月29日(火)にさいたまスーパーアリーナで開催される新格闘技イベント『RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2015』に出場する選手たちの個別インタビューが行われた。

 ヘビー級世界トーナメント1回戦第2試合で対戦するBUSHIDO欧州ライトヘビー級王者テオドラス・オークストリス(リトアニア)とブルーノ・カッペローザ(ブラジル)。デオドラスは柔道をバックボーンに持ち、若さとポテンシャルでトーナメントメンバーの中でもダークホース筆頭と言われている。対するカッペローザは常に前に出るアグレッシブなファイトスタイルで、成長著しい注目のブラジリアンファイター。

●テオドラス・オークストリス(リトアニア/BUSHIDO欧州ライトヘビー級王者)

――試合に向けて特別な練習は?
「パートナーを変えてキックのジムにも行って厳しいトレーニングを積んできた」

――対戦相手の印象は?
「自分と同じくアグレッシブな選手なのでいい試合になると思う」

――柔道出身だとお聞きしたが、これまでに一番長かったバックボーンは?
「9歳から柔道を始めてユースでチャンピオンになった。コンバットサンボも初めて、19歳にMMA転向した」

――BUSHIDOという団体を背負って負けれない気持ちは強い?
「必ず勝たないといけないと思う。大きな団体の代表として出られることは名誉なこと。全てを出し切って勝つ」

――勝ち上がると、石井と対戦する可能性もある。
「対戦できれば、これも名誉なこと。優勝するために来たので勝ちたい。日本には観光客として来たわけではない」

――自分のどこを見て欲しい?
「とにかく熱い試合をして、みんなが満足するような試合をしたい」

●ブルーノ・カッペローザ(ブラジル)

――トーナメントに向けてどのような準備をしてきた?
「しっかり準備してきたので今は100%の状態だ。今までの試合と比べて細かい部分でルールが違うのでそれに対応できるように練習してきた」

――対戦相手の印象は?
「凄く強いと思う。非常にスピードがある。ベースは柔道なので対応できるように準備してきた」

――どういう試合になると予想している?
「いつも戦う中で戦略を組み立てている。スタンドから初めて流れの中で戦略を組立てていきたい」

――日本のファンにはどういうところを見て欲しい?
「自分の一番の長所は打撃。ファンも打撃が好きだと思うので自分のガッツ、アグレッシブなところを見て欲しい。そして優勝するところを見て欲しいね」

――他のメンバーで意識している選手は?
「GPということで、全員がどこかの団体のチャンピオン。1人をマークしているわけではなく、全員が優勝する可能性があると思う」

――日本で活躍して世界中に有名になったブラジル人選手は多いが、自分も続きたい?
「そのために十分トレーニングをしてきた。GPということでチャンピオンになって大スターになりたい。世界のMMAシーン大スターになりたい願望はある」

――最後にファンにメッセージを。
「29日はぜひポジティブなエネルギーを僕に送って応援してください。自分がチャンピオンにれると信じている」

【大会・チケット情報】 12・29 RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2015実行委員会「RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2015さいたま3DAYS SARABA(さらば)の宴」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > ニュース