TOP > 試合結果個別

【ONE】“中国の神童”18歳のペイメンが判定勝利、ロシア強豪ジクレーブとの激闘を制す

2022/07/22(金)UP

激闘を制したペイメン(左)©️ONE

ONE Championship
『ONE 159: DE RIDDER VS. BIGDASH』
2022年7月22日(金・日本時間)シンガポール・インドアスタジアム
▼ストロー級(₋56.7kg) キックボクシング
〇ジャン・ペイメン(中国)
判定3-0
●アスランベック・ジクレーブ(ロシア)

飛びヒザ蹴りを放つペイメン©️ONE

 ペイメンは、163㎝の身長ながら圧倒的なスピードを武器とする期待の18歳。その類い稀なセンスから“中国の神童”と呼ばれる。
 対するジクレーブは“欧州キック界のスター”。20年11月のONEデビュー戦で、今年22年8月にK-1に参戦予定のワン・ジュングァンと対戦し、スプリットの判定勝利を収めている。

左をヒットさせるジクレーブ
©️ONE

 1R、ペイメンが左ミドルを蹴り、左右のボディ打ちと回転力のあるパンチを放つ。ジクレーブの蹴りがローブローとなりタイムストップ。再開後、ジクレーブはよく見てカウンターのヒザ蹴り、右ローをヒットさせる。前に出るジクレーブに対して、ペイメンも左フックを返す。

 2R、ペイメンが前蹴りからバックブロー、近距離でカウンターの右ストレートをクリーンヒット。だが、ジクレーブは下がらず前進を続け、コツコツ左右のローを蹴り込む。再びジクレーブの蹴りが下腹部に入ってしまう。再開後、ペイメンが右ハイキック、右フック、バックブローをヒットさせる。ダメージがないのか、ジクレーブは前進を止めない。ヒット数ではペイメンが上回る印象。

激闘を制したペイメン©️ONE

 3R、ペイメンがカウンターで左フック、右フックを連続でヒット。ジクレーブはそれでも前に出て、打ち合いを仕掛ける。ジクレーブが前蹴り、右ハイキックを放つ。ワンツーを見舞うペイメンに対して、ジクレーブは飛びヒザ蹴りを見舞う。
 残り1分、近距離でフックを見舞う両者。ジクレーブのバックブローに、ペイメンはワンツーを合わせる。最後までパンチ、蹴りを出し続けた両者。会場からは大きな拍手が贈られた。

 手数、クリーンヒット数で上回ったペイメンが判定3-0で勝利。ペイメンは勝利者コメントで「最年少チャンピオンになりたい。すぐにタイトルショットをしたい。自分は中国のために戦う」と勝利を喜んだ。

▶︎次ページは【動画】ペイメンが右ハイキックからバックハンドブローを炸裂!

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・7.22『ONE』全試合 結果 速報=ミドル級世界タイトルマッチ、暫定アトム級ムエタイ世界タイトルマッチなど

・【ONE】箕輪ひろば「年内に王座を」強豪ボカンへのフィニッシュ勝利に自信=7.22

・【ONE】日本人の母を持つキック女王トッド、スペイン強豪フェルナンデスと激突!=7.22ムエタイ暫定王座決定戦

・【ONE】“マッスル美女”平田樹、米国修行で鍛えた水着”美腹筋ボディ”披露!「マジで倒れようかと思った」猛特訓も明かす

・【ボクシング】皇治、無敗の相手に「愛車ランボルギーニの運転より簡単、ミニカーと同じ」と楽勝をアピール

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る
こんな記事も読まれています
●新着情報

TOP > 試合結果個別