TOP > 試合結果個別

【RIZIN】RENA、流血も打撃戦で制し準決勝へ!ウクライナMMA世界女王を退ける

2022/07/31(日)UP

RIZIN FIGHTING FEDERATION
『RIZIN.37』
2022年7月31日(日)さいたまスーパーアリーナ

▼第9試合「RIZIN WORLD GRAND-PRIX 2022スーパーアトム級 トーナメント一回戦」
RIZIN MMAトーナメントルール 5分3R(49.0kg)
〇RENA(シーザージム)
判定3-0
●アナスタシア・スヴェッキスカ(ウクライナ/SubHunter , Puncher Fight club)

パンチで攻めるアナスタシア

 RENAはシュートボクシングの現世界女子フライ級王者で、RIZIN旗揚げ戦でMMAに初挑戦して以来、女子部門を牽引してきた。今回は昨年大みそかにパク・シウに敗れて以来の再起戦となる。

【フォト】RENAとアナスタシアが打撃で激闘!

 対するアナスタシアは19年のアマチュアMMA世界選手権で優勝し、プロでも2戦2勝2KOを誇る選手。今回は戦火のウクライナから1週間掛けて来日し、勝ってウクライナの国旗を掲げると意気込む。

ハイキックを当てるRENA

 1R、両者ローの蹴り合いからアナスタシアが組みつき、引き込まんとしてくるが、RENAは倒れず左フックでダウンさせ、すぐにサッカーボールキック、さらに鉄槌へ。アナスタシアのガードから立って逃れると、RENAは立って三日月蹴りを打ち込む。

 

 2R、RENAはリング中央からアナスタシアにプレッシャーを掛けていく。アナスタシアはヒジで反撃、RENAは鼻から出血が見られる。しかし前に出て右ストレートでアナスタシアをヨロめかせる。

 3RもRENAは前に出る。ローを被弾するRENAだが自身もローを返し、コンビネーションから左フックを当てる。アナスタシアも左フックを当ててくるが、RENAもフックを当て返し、最後までプレッシャーを掛けて試合を終える。

試合後は2人でウクライナの国旗を掲げた

 判定はRENAが3-0で勝利したが、アナスタシアととともにウクライナ国旗を掲げアピールした。
 RENAはマイクを取ると「いろいろ言いたかったんですけど、このトーナメントを優勝するにはまだまだ実力が足りなくて、本当頑張ります」と反省の弁を延べ、「アナスタシア選手、わざわざウクライナから来て頂いてありがとうございました。メチャクチャ強かったです」と感謝し、いつもの「1、2、3、シュートー!」を決めた。

※全試合結果はこちら

▶︎次ページは【フォト】RENAとアナスタシアが打撃で激闘!

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・RENAが鍛えた腕と腹筋で計量パス、長身のウクライナMMA世界女王と本日対戦

・『テレビ・配信』7.31「RIZIN.37」女子Sアトム級WGP、所英男vs神龍誠、三浦孝太などTV放送・ネット配信・生中継情報

・パク・シウがバキバキ腹筋!浅倉カンナは笑顔で計量パス「試合を全力で楽しむ」(浅倉)

・朝倉未来がメイウェザー戦に向けて挨拶「9月25日、さいたまスーパーアリーナで決まりました。1Rからバチバチに行く」

・[本日の試合]まさに”豪快”!スダリオ剛が秒殺KO勝利、関根シュレックを一撃で沈め「次は外国選手で」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る
こんな記事も読まれています
●新着情報

TOP > 試合結果個別