TOP > ニュース

【シュートボクシング】王者MASAYA、水落とのリベンジ戦へ闘志「強さ見せつけて勝つ」

2017/02/11(土)UP

メインイベントで2年越しの再戦を果たすSB王者MASAYA(左)とREBELS王者・水落洋佑(右)

 2月11日(土)東京・後楽園ホールにて開催されるシュートボクシング(以下SB)の2017年シリーズ開幕戦『SHOOT BOXING 2017 act.1』の前日計量が、10日(金)17:00より都内で行われた。
 
 メインイベント(第9試合)で対戦するSB日本スーパーライト級王者MASAYA(シーザージム)はリミットちょうどの65.5kg、REBELS 65kg級王者・水落洋佑(はまっこムエタイジム)はリミット0.2kgアンダーの65.3kgで計量を一発クリアー。そろって会見に臨み、試合に向けた意気込みを語った。

 MASAYAは蹴り技と手数で攻めるファイトスタイルを持ち味としており、昨年9月にSB日本スーパーライト級王座を獲得。続く11月の『S-cup』では、1回戦でチャールズ・“クレイジーホース”・ベネット、準決勝でRISEスーパーライト級3位HidekiにTKO勝ちを収めて決勝に進出した。

2年前はMASAYAに勝利している水落だが、今回は「まったくの別人と対戦するものだと思っています」と気を引き締めた

 対する水落は、これまでにWPMF日本ライト級、WBCムエタイ日本ライト級、WPMF世界ライト級暫定、REBELS-MUAYTHAIスーパーライト級、REBELS 65kg級のベルトを獲得した実績の持ち主。昨年11月の『S-cup』は、1回戦でタップロン・ハーデスワークアウトにTKO負けを喫している。

 そんなMASAYAと水落は2015年12月にSBのリングで対戦。両者一歩も譲らない打ち合いを繰り広げ、右ストレートでダウンを奪った水落が判定で勝利している。

 2年越しの再戦となるが、「もう時間も経っているので、まったくの別人と対戦するものだと思っています」と話す水落。MASAYAの最近の戦いぶりについては、「すごく勢いもありますし、前に戦った時と比べてパワーもついていると感じました」と高く評価する。試合に向けて、「お互いに強くなっていると思うので、頑張ってよい試合をして勝ちたいです」と健闘を誓った。

今回の試合に勝利し、今年の全大会出場に向けて弾みをつけたいMASAYA

 一方、「リベンジマッチということもありますが、それ以上に他団体に負けないようにしたい」と闘志を燃やすMASAYA。昨年のS-cupで準優勝を収めたことについても、「S-cupの時は自分の運がたまたま良かったと捉えています。S-cupのことは関係なしに、今回はまたゼロから頑張るつもりです」と、すでに過去の話だと気を引き締める。

 水落の気持ちとパンチの強さを警戒しているというMASAYAだが、「今年の後楽園興行やビッグイベントなど、SBの大会にはすべて出場したいと思っています。そのためにも、今回の試合は強さを見せつけて勝ちたいと思います」と勝利を予告した。

●編集部おススメ記事
水落にリベンジ戦挑むMASAYA「今年は全戦全勝」
MASAYAvs水落の第1戦

【大会・チケット情報】 2・11 シュートボクシング協会「SHOOT BOXING 2017 act.1」
 

 

関連記事

の続きを読む



【関連リンク】

TOP > ニュース

イベント日程
2017年2月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728
≫もっと見る
アクセスランキング
≫もっと見る
Facebookもチェック