TOP > ニュース

【Krush】塚越vs牧平のタイトル戦が決定、両者とも厳しい戦いを予想

2017/12/13(水)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

王者・塚越(左)が2度目の防衛戦。挑戦者は元王者の牧平(右)

 2018年2月12日(月・祝)東京・後楽園ホールで開催される『Krush.85』の記者会見が、12月13日(水)都内で行われ対戦カードが発表された。

 第5代Krush -67kg王者・塚越仁志(K-1ジム・シルバーウルフ)が、第3代同王者・牧平圭太(HALEO TOP TEAM)の挑戦を受け2度目の防衛戦に臨む。

 王座返り咲きを目指す牧平は「約2年ぶりにベルトを間近で見てよだれが出るほど興奮します。2月は応援してくれている人らの気持ちをしっかり自分の力に変えて、愛と勇気を持ってベルトを獲りに行きます」と挨拶。

 塚越は「牧平選手は3代目にベルトを巻いていますが、また巻くのはそんなに簡単じゃないと思う。このベルトを獲るために僕も死ぬ気でやってきましたし、獲ってからもこのベルトの価値はあの時(牧平王者時代)と同じ価値だとは思っていません。僕はこのベルトを獲って初防衛して、Krushの代表としてK-1にも出ています。残念な結果でしたが、誇りをもってチャンピオンとして戦ってきたつもりです。今回もしっかりチャンピオンとして牧平選手を倒して防衛したいと思います」と、現王者としての誇りを感じさせるコメント。

 牧平は12月9日の『Krush.83』で行われた挑戦者決定戦で平山迅を延長戦の末に下し、挑戦権を手にした。その一戦をリングサイドで観戦していた塚越は「どっちが勝つか分からない試合で、最後は気持ちの勝負でしたが牧平選手はしっかりそこで競り勝った。あれを見て、(防衛戦は)本当にきつい戦いになるんだろうなと。最後は気持ちの勝負になるだろうなと感じました」と、厳しい試合になることを予感したという。

 その王者・塚越について牧平は「ひと言で言えば激闘派だなって感想です。激闘をするアツい男だと思っています」と評し、塚越の「気持ちの勝負になる」との言葉を受けて「自分も最後はそうじゃないかと思っています。この階級は技術云々ではなく男としての生き方とかハートとかを見せられるような選手が集まっていると思っているので、最後はそこの勝負だと思っています」と、同じく厳しい試合になることを想定しているという。

 最後に牧平は「2月は命を懸けてベルトを獲りに行きます。2月もアツいKrushを必ずお届けすることを誓います」と宣言。

 塚越も「牧平選手はローキックを得意としていますが、9月のK-1では2回戦でローで負けてしまったので、僕が成長するチャンスだと思っていますし、ここでまた負けたら格闘家としての次はもうないと思っているので全てを懸けて倒しに行きたいと思います。2月のタイトルマッチでは必ずチャンピオンとしての仕事をして、牧平選手を倒したいと思います」と、全力で牧平を迎え撃つと話した。

<決定対戦カード>

▼Krush -67kgタイトルマッチ 3分3R延長1R
塚越仁志(K-1ジム・シルバーウルフ/第5代Krush -67kg王者)
vs
牧平圭太(HALEO TOP TEAM/第3代Krush -67kg元王者・挑戦者)

●編集部オススメ

・ダウン奪われた塚越が逆転KOで初防衛

・挑戦者決定戦が行われた「Krush.83」全試合結果

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース