TOP > ニュース 一覧

【RIZIN】朝倉未来が斎藤裕とリベンジ戦決定「一本勝ちしたい」(朝倉)「前戦とは違う展開になる」(斎藤)

2021/12/09(木)UP

朝倉未来と斎藤裕の大みそか再戦が決まった

 RIZIN大みそか大会『RIZIN.33』(さいたまSA)の追加対戦カード発表会見が9日、都内で行われ、朝倉未来(トライフォース赤様)と前RIZINフェザー級王者・斎藤裕(パラエストラ小岩)の再戦が発表された。
 昨年11月のRIZINフェザー級王座決定戦でバチバチの打ち合いの末、斎藤が競り勝ち王座に就いている。朝倉はその後リベンジ戦を望んでいたが、あれから1年で再戦が組まれた。

【フォト】斎藤戦から1年、朝倉未来の鍛え上げた”マッスル”計量写真、前戦の名シーンも!

「大みそか盛り上げるために」参戦を決めたという朝倉

 前戦は斎藤が朝倉の打撃で顔面を負傷しながら競り勝つも、判定結果に物議も起こったため、今回は互いに完全決着を狙いたいところだ。

 朝倉は本日の会見で「大みそか盛り上げるために参戦を決めた。斎藤選手とは1年越し。どちらも強くなっていて勝負論のある試合になるのではないか」そして「一本勝ちしたい」と打撃の朝倉が一転、グラップリングでの一本勝ち発言をした。今年10月の萩原京平戦でもグラップリング戦を展開しているが、斎藤には以前戦った経験からグラップリング攻めが有効と見たのか。

斎藤も意気込みを語った

 斎藤は「前戦とはまったく違う展開になる、その意味で盛り上がると思う、世間に届く試合をしたい」と意気込んだ。

 朝倉は先月20日、ABEMAで放送された『朝倉未来にストリートファイトで勝ったら1000万円』の喧嘩マッチで3人の挑戦者を相手に何と合計わずか96秒殺、”路上の伝説”ぶりを披露したがヒザを損傷。企画の翌日、YouTubeで左ヒザの半月板がズレて歩行も困難だったと伝えていた。朝倉の語る症状からヒザの脱臼と思われる。

斎藤(左)と朝倉が並ぶ

 朝倉は今年10月、萩原京平戦で左足首の靭帯損傷で全治6週間と言われており、怪我が続いているが大みそかはベストに近い状態で戦えるか。
 対する斎藤は今年10月のRIZINでDEEPフェザー級王者牛久絢太郎と対戦。牛久の飛び膝蹴りで右眉のカットにより出血しドクターストップでTKO負けを喫し王座陥落した。この悔しさを再戦にぶつけたいところだ。

▶︎次にページは【フォト】斎藤戦から1年、朝倉未来の鍛え上げた”マッスル”計量写真、前戦の名シーンも!

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・【RIZIN】朝倉未来が遂に敗れる! 斎藤裕が初代フェザー級王者に(動画あり)

・元仮面女子・川村虹花がマッスル写真公開「素敵な広背筋」「格闘家の名残りがある」とファン絶賛

・【RIZIN】朝倉海「準決勝は楽な相手、上がってくるのは扇久保選手」準決勝の相手・瀧澤は「倒してやる」

・【マッスル】ビキニ優勝の筋肉美は”キャバ嬢”で10kg太ったのが転機「人を一瞬で感動させたい」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧