TOP > 試合結果

【ナイスミドル】キャンピングカー暮らしの王者が辛くも初防衛に成功

2019/02/05(火)UP

キャンピングカー暮らしのTOMOが初防衛


NICE MIDDLE実行委員会

「NICE MIDDLE 42」
2019年2月3日(日)東京・新宿FACE
 今回42回目を数える35歳以上の中高年世代を対象にしたキックボクシングイベント『NICE MIDDLE(ナイスミドル)』の平成最後の興行。今回も不動産業、運送業、塗装業、パティシェ、アートディレクター、タンクローリー運転手、BARオーナー、歯科医師、とび職、陸上自衛官などなど、さまざまな職業の中年ファイター38名が熱い戦いを見せ、ライト級&ミドル級のダブルタイトルマッチが行われた。

▼第19試合 NICE MIDDLE ライト級タイトルマッチ 2分3R
“戦う3児の父”
△王 者・ ゴッドファーザーTOMO(45歳/FREEDOM@OZ/建設業)
判定1-1 ※29-29、30-29、29-30
“有楽町の闘うメディアプランナー”
△挑戦者・ 渡邉晴義(51歳/STRUGGLE/広告代理業)
※TOMOが初防衛に成功。

渡邉(左)をロープに追い詰め右フックを放つTOMO(右)

ライト級王者45歳のゴッドファーザーTOMO(45歳/FREEDOM@OZ/建設業)はこれが初防衛戦。キャンピングカーを愛するあまり、仕事と練習以外の生活のほとんどを車内で過ごしている変わり種。

挑戦者のメディアプランナー51歳の渡邉は、ナイスミドル参戦以来6戦無敗を誇る強豪。

1R、開始早々から手足を出し続ける両者。一進一退の攻防が続く。1分過ぎ、TOMOが渡邉をロープに追い詰めるが今度は渡邉が反撃。

TOMO(左)をロープに追い詰め右ストレートを放つ渡邉(右)

2R、このラウンドも両者ともに動きが止めることなく攻め続ける。

3R、開始早々ロープに追い詰めるTOMOだが、渡邉はヒザ蹴りで反撃。お互いに譲らない。終盤も渡邉をコーナーに追い詰めるが渡邉のパンチもヒットしはじめ、会場内大歓声でゴング。
 判定は1-1でドローに。
 チャンピオンのTOMOが辛くもライト級初防衛に成功した。


川辺(右)の右ストレートが越田(左)の顔面を捉える

▼第18試合
NICE MIDDLE ミドル級タイトルマッチ 2分3R
“千代田の暴君”
○王 者・ 川辺克実(47歳/PHOENIXファンキーガッツメン/理化学用研究機器製作卸)
判定2-0 ※30-28、30-28、30-30
“目白のFashonista”
●挑戦者・ 越田“Matchy”智(44歳/クレインジム/外国人タレントエージェント)
※川辺が2度目の防衛に成功。

判定2-0で川辺がミドル級王座2度目の防衛に成功

1R、越田は前蹴り、川辺はローを中心に繰り出す。ロープに追い詰める川辺だが越田もヒザ蹴りで反撃。
2R、越田のミドル、右ストレートが川辺を捉えるが、川辺は左右ストレートを返す。ラウンド終盤川辺の右ストレートで
越田がのけ反る。
3R、川辺は足を使いながらショートのパンチを当てていく。越田はヒザ蹴り、前蹴りを返す。
ラウンド終盤、前に出続ける川辺だが越田も足を止めて壮絶な打ち合い。ここでゴング。判定2-0で川辺がミドル級2度目の防衛に成功した。

▶︎次ページは他17試合の結果一覧

●編集部オススメ

・【ナイスミドル】47歳内科医が王座陥落、物流業者にベルト流出

・【ナイスミドル】仮面ライダーの元ショッカー、マスクを脱ぎ57歳で大暴れ!

・【ナイスミドル】王者、54歳のラーメン屋のカウンターに面食らいダウン喫す

・【ナイスミドル】キック元日本王者、還暦の再デビュー戦で奮闘

・【ナイスミドル】心筋梗塞から復帰、48歳高木がヘビー級王座初防衛

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

新着情報




TOP > 試合結果