TOP > ニュース 一覧

日本初進出のUFCジムが本格始動、英語が公用語「気分は格闘技留学」英会話プログラムも

2020/06/04(木)UP

UFC用賀のスタッフの皆さん

 緊急事態宣言解除で都内では6月1日より段階的な緩和がステップ2となり、スポーツジムの休業要請が解除されたことから、都内のスポーツジムが6月1日より再始動した。

 都内、世田谷区用賀にある総合格闘技でも有名な『UFCジム』は6月2日(火)からはスタジオで、ヨガやボクシングに加え、ブラジリアン柔術(BJJ)のクラスが新たに始まった。指導者は柔術茶帯のグラントボグダノフ(アメリカ)。昨年のアブダビ グランドスラム東京 パープル77kgで優勝するなど、国内外の柔術の試合に積極的に参戦している。

6月2日に始まった柔術教室で基本的な構えと技を説明するインストラクター

 ジム関係者は「できるだけ接触は避けるように、技の解説とドリルの訓練をメインにやっていきます」という。ドリルは柔術に必要な動きがスムーズにできるようになるための様々な動きの反復練習。一人でも練習が可能だ。ソロドリルは上達した人も行う必須トレーニング。ボクシングで言うシャドウのようなものだ。

 現在、コロナ対策のため人数制限をしており、予約制で1クラス最大4人まで。その他のヨガやボクシングのクラスも同様に4人までと制限しており、状況を見て徐々に増やしていくという。

 このUFCジムは、アメリカを中心に世界各地で展開中。最先端設備、 最新トレーニングメソッドを受けられると話題になり、全米に100ヵ所以上、全世界で600ヵ所と拡大を続け、「今、世界で最も成長しているフィットネスジム」のひとつと言われている。今年4月6日に都内(世田谷区用賀)に日本1号店として進出。しかし翌7日に緊急事態宣言が発令され、休業を余儀なくされた。

マシンジムスペース

 4月20日からはオンライン教室(ヨガ、ボクシング等)を開始。現在はそれに加え、来店しての教室(ヨガ、ボクシング等)や、ウェイトマシンスペースを利用できるようになった。しかし、ジムに来店しての利用は最大90分間で10人まで。スタジオに4人予約が入れば20台以上あるマシンは6人で使うことになる。90分が終われば会員は退館、30分清掃し、消毒などを行い、次に備える。マシンスペースは本来は予約不要で時間も自由に使えるが、コロナ警戒期間は当面この体制となる。

フリーウエイトもある

「予約の時点で、オンラインで新型コロナ向けのチェックシートに記入いただき、該当しない人のみ予約を入れられます。来店時の体温測定、アルコール消毒も行なって頂きます」とした。

 室内スペースはヨガやピラティスなどのスタジオが1つ、柔術のマットルーム、ボクシングサンドバッグのスタジオ、そしてジムスペースと4つのエリアに分かれ広々としている。現在、人数は制限されているが、各エリアともにかなり余裕のある、ゆったりとした環境で利用ができる。

■指導は英語!? もはや「フィットネス留学」

UFC用賀代表のヒル氏。少林寺拳法五段の腕前

 館内では公用語、指導は英語だ。スタッフは日本語もできるので、英語が分からなくても大丈夫。世界最先端のフィットネス技術が学べる「日本でフィットネス留学ができる場所」という位置づけもあるのだという。
 UFC用賀の運営を手掛ける株式会社Better-U代表取締役社長のハリー・A・ヒル氏のインタビューが格闘技雑誌『Fight&Life』6月号に掲載されている。そこでヒル氏は「外国由来の ジムなら、トレーニングと語学の勉強を同時にできたら嬉しい」との答えが多く、子供から大人まで 共通した意見でした。そこで、まず ジム内の公用語を英語にすることにしました」と語る。

 一般的な読み書きを理解するまで2800語、会話だけなら1100語程度という研究結果がある。ヒル氏によれば、「語学はトレーニングと一緒、1回でマスターするのは無理、何回でも繰り返すうちに自然と刷り込まれ身に付く」という。子供も大人も受講できる、英語教室もあり、動後の学習効果が高いというデータをもとに開発された独自のプログラムで、実用的な英 語を身につけることができる。

UFC独自の英語教室もある。まさに国内留学だ。

■UFCジムのコンセプトは?

 更にヒル氏はUFCジムのトレーニングコンセプトを「武道と格闘技を身につけ、その素晴らしさを広めていく、というコンセプトもありますが、実は順番としてはむしろ二番目で、我々が考える第一のコンセプトは”コンディショニングとライフスタイル”です。格闘技をはじめ、どんなスポーツに取り組むにしろ、それぞれの動作や技術に柔軟に対応できる体をまず作ることが必須ですよね。より健康寿命を延ばすような、あらゆるスポーツに対応できるような、広い意味での「柔軟性」をもつ、体づくり。それがUFC GYMの大きな特長です」と語る。 

UFC用賀の外観

 世界の最先端トレーニング、ハード面はもちろん、メンタル(集中力、気力)なども考慮してプログラムされている。目指すはUFCや他のスポーツのトップアスリートとして世界に打って出る人材を輩出できる場所でもあると同時に、「世界一家族に優しいジム」として、3歳から100歳までに先端技術を駆使したトレーニング環境を提供できる場所であるとヒル氏は語っている。

 6月に入り本格始動したUFCジム、海外渡航が規制される中、ここに「フィットネス留学」をするのもよいかもしれない。

♢UFCジム用賀
東京都世田谷区玉川台2丁目22−20 イイダアネックス7 
電話: 03-5491-7756
WEB:https://ufcgym.co.jp/

●編集部オススメ

・都内ゴールドジムが再始動で集客微増「人との間隔はバーベルの長さで」と注意喚起

・栄養とトレ―ニングのスペシャリストが考える「減量の5箇条」前編 =FITNESS LOVE

・“最強美ボディOL”安井友梨が自宅トレ公開「少しでも元気をお届けできたら」

・ボディビル界ではオンライン大会が開催、女子ビキニはayumiが優勝

・【UFC】マイク・タイソンから指導受けたガヌーが秒殺KO​勝利

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧