TOP > ニュース 一覧

武尊が蹴りだけの練習動画を公開「拳が治るまで、やれることは全力でやる」

2021/06/02(水)UP

5月30日のK-1のリングで右拳の怪我を早く治すと語った武尊。大きく盛り上がった右拳には19年に行ったと思われる手術跡が見える

 6月13日(日)に東京ドームにて開催される『RIZIN.28』の会見が昨日1日の13時より行われ、RIZIN榊原代表は6.13は本来、武尊vs那須川天心の実現のため、K-1、RISE、RIZINなどを含めた中立な舞台として東京ドームを押さえていたが、武尊が3月28日のレオナ・ペタス戦で古傷の右拳のじん帯を損傷してしまい中止に。そのため6.13はRIZIN独自興行になったことを説明した。

▶︎【動画】武尊が蹴りのみの練習を公開、ミドル連打、そして飛びヒザ蹴り!

 この会見後、夕方に武尊は自身のTwitterに「拳が治るまでは蹴りの強化。今やれることを全力でやる」とメッセージとともに蹴りだけの練習動画もアップ。ミドルキックの11連打、そして飛び膝蹴りまで披露した。

レオナ戦で右ストレートを打ち込む武尊

 読者からは「焦らず治して欲しい」「最強の拳、再生祈ります」「武尊vs那須川天心は大晦日の大舞台」と応援と期待の声が並んだ。

 武尊は先月5月30日、K-1のリングに上がり挨拶「1日でも早くケガを治して、次の試合やりたい。K-1最強を証明する、みんなが期待してくれている試合をやるためにケガを1日でも早く治したいと思う」と語った。那須川は来年3月を最後にボクシング転向を表明している。
 果たしてそれまでに実現するか。6.13は中止になったが、武尊にできることは来年3月までに天心戦が実現した場合に備え、今はできる限りの練習をするのみだ。コロナが落ち着き、大歓声の中での世紀の対戦を待ちたい。

▶︎次のページは【動画】武尊が蹴りのみの練習を公開、ミドル連打、そして飛びヒザ蹴り!

●編集部オススメ

・【K-1】武尊がレオナ戦で”古傷”右拳の負傷を告白「期待の試合もすぐやりたかった」

・伊織もえ、K-1でビキニアーマー姿のラウンドガールとお揃い衣装をSNSアップで話題に

・【K-1】武尊がレオナにKO勝利! 次は夢の一戦へ、那須川天心がリングサイドで見守る(動画あり)

・【K-1】ビキニアーマー”ラウンドガール”人気コスプレイヤー篠崎こころ&宮本彩希がリングを彩る(写真13枚)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

」、「」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧