TOP > ニュース 一覧

ゴロフキンは双子だった!弟と誕生日に40本の花束、村田諒太も祝福

フォロー 友だち追加
2022/04/09(土)UP

昨日の計量後に40歳のバースデーに花束を受け取ったゴロフキン(左)と双子の弟のマキシムコーチ

 本日、4月9日(土)さいたまスーパーアリーナにて開催される[WBA・IBF世界ミドル級王座統一戦]の前日計量が昨日8日行われ、WBA世界ミドル級スーパー王者の村田諒太(帝拳)とIBF世界ミドル級王者のゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)は共にリミットの72.5kgで一発でパス。
 そしてこの日、40歳を迎えたゴロフキンには、双子の弟マキシム・ゴロフキンと共に主催者より花束が贈られた。

【フォト】マスクを外した双子の弟マキシムさんの素顔

 弟マキシムは兄のコーチを務める。元々双子で優秀なボクサーだったが、アテネ五輪のミドル級はカザフスタンから1名しか出られず、代表を兄に譲ってからボクシングの選手生活を終えた。

昨日の計量後に40歳のバースデーに花束を受け取ったゴロフキン(左)と双子の弟のマキシムコーチ

 以降、兄を支えている。ゴロフキンの元トレーナー、アベル・サンチェスは過去、海外メディア『SKY SPORTS』のインタビューで「マキシムは誰よりもゲンナジーを理解している。私がどれだけ長く彼と一緒に働いてもね。マキシムは彼の双子だから、ゲンナジーと同じように考えているし、僕らが望むことをカザフ語で伝えることができるんだ」と語っている。

 ゴロフキンは計量後、主催者よりマキシムコーチとともに、カザフスタンの国花である合計40本のチューリップを贈られた。会見上が一転華やかな雰囲気に包まれ、対戦する村田も拍手を送った。

 その後、ゴロフキンは自身のSNSで「カザフスタンのスペシャルな食事」として「HAPPY BIRTHDAY」飾られた料理を前に兄弟で笑顔の写真をアップした。
 本日、ゴロフキンがこの双子パワーで村田にどのようなファイトを見せるか期待される。

▶︎次のページは【フォト】マスクを外した双子の弟マキシムさんの素顔

  • 1
  • 2
フォロー 友だち追加

●編集部オススメ

・4.9「ゴロフキンvs村田諒太」全試合 結果速報(ボクシング世界戦)

・【テレビ・配信】村田vsゴロフキンのゲストに井上尚弥ほか=4.9 生中継

・”40歳バースデー”ゴロフキンがバキバキマッスルポーズ、村田諒太と共にリミットで計量パス

・村田諒太、試合は「詰めていく!」 作戦に自信=4.9さいたまSA

・【テレビ・配信】4.9村田諒太vsゴロフキン「WBA・IBF世界ミドル級王座統一戦」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧