TOP > 試合結果

【BOM】栄基が復帰2戦目でタイ人にKO圧勝

2018/10/16(火)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

右ボディストレートを突き刺す栄基(左)。ここからのボディ攻めで一気に仕留めた

BOMプロモーション
「BOM 19~The Battle Of MuayThai 19~」
2018年10月14日(日)東京・新宿FACE

▼メインイベント 第7試合 WMC日本65.00kg契約 3分5R
〇栄基(31=エイワスポーツジム/第2代WMC日本ウェルター級王者)
TKO 1R  2分05秒 ※右ボディストレート
●ルンラウィー・OZGYM(26=タイ/OZジム)

※この試合の速報動画(ノーカット)はこちら

栄基が左ヒザ蹴りをボディに突き上げてダウンを奪った

 栄基はミドルキック、首相撲、ヒジなどのムエタイスタイルを得意とし、様々な団体のリングで活躍。2015年にはJ-NETWORKウェルター級王者となった。昨年の夏に一度引退したが、エイワスポーツジム所属となり今年4月に復帰。その復帰戦でWMC日本ウェルター級王座決定戦を行い、勝利を収めて王者となった。今回はタイ人のルンラウィーを相手に復帰2戦目を戦う。

 1R、ジャブを出しながら近づく栄基に、ルンラウィーは右ミドルと右ローを蹴る。しばらくその攻防が続き、栄基が右ボディストレートを放つとルンラウィーはガードを固めて下がり始める。

 栄基はボディに狙いを定め、左ボディブローから右ボディストレートを突き刺すとルンラウィーは身体をくの字に。そこへヒザを突き上げて早くもダウンを奪う。

 右ミドルで対抗するルンラウィーに栄基は右ヒジ打ち、さらに首相撲からのヒザ蹴り。ルンラウィーの右ミドルをキャッチしての右ボディストレートで2度目のダウンを奪う。ルンラウィーは悶絶して立つことが出来ず栄基のKO圧勝となった。

※この試合の速報動画(ノーカット)はこちら


北井(手前)が慣れていないヒジ、首相撲を駆使した野津。北井の左フックに合わせた左縦ヒジでカットに成功

▼第8試合 WMC日本スーパーライト級(63.50kg)契約 3分3R
●北井智大(27=チームドラゴン/RISEライト級3位)
判定0-3 ※29-30、28-29、28-29
〇野津良太(31=E.S.G/NJKFスーパーライト級7位)

※この試合の速報動画(ノーカット)はこちら

 意外なカードが組まれた。RISEで活躍する北井は現在のチームドラゴンをけん引する選手で、RISEでは2度メインイベントを務めた。パンチを武器に毎回のように激闘を繰り広げ、5月には『RIZIN』にキックボクシングルールで参戦している。

 対する野津はNJKFのランカーで6勝(2KO)2敗の戦績を持ち、新日本キックボクシング協会との対抗戦に出陣してKO勝ちを収めた選手。RISEルールでは禁止されているヒジ打ちと首相撲をどう生かすかが注目された。

パンチで反撃する北井だが、すぐに首相撲に捕まる

 1R、野津は素早く前へ出て右ローの集中砲火、そして首相撲に持ち込む。野津は組み際と組んでからのヒジも打ち。北井の左フックに合わせた左縦ヒジでカットに成功。北井にドクターチェックが入る。北井は猛然とパンチで前に出てヒジも繰り出すが、首相撲に捕まる。

 2Rも首相撲に捕まり、コカされる北井。野津は蹴り、北井は強引にパンチで前へ出るが首相撲で動きを封じられてヒジ、ヒザをもらい、またもコカされる。北井がフックとアッパーで攻めていくと、野津は縦ヒジで迎え撃つ。

野津が首相撲からのヒザ蹴り、さらにコカしまくる

 3R、パンチで前へ出る北井に野津は右ミドルを蹴り、接近すると首相撲。そしてヒジ打ちから北井をコカす。北井は右ハイをヒットさせると左右フックで攻め込むが、やはり首相撲に捕まる。最後は北井が左右フックの猛攻を見せるも最後までペースを握れず、首相撲とヒジ打ちを駆使した野津の勝利となった。

※この試合の速報動画(ノーカット)はこちら

●編集部オススメ

・栄基が復帰2戦目でタイ人と対戦、RISEの北井智大が初参戦

・WBC&IBF認定ムエタイ世界王者・吉成名高のラジャダムナン王座挑戦が決定=12月9日

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > 試合結果