TOP > 試合結果 一覧

【WARDOG×GRACHAN】拓MAXがフェザー級王座奪取、ゆうとがバンタム級T制覇で新王者に

2020/01/28(火)UP

ゆうと(左)と拓MAX(右)、2人の新王者が誕生

WARDOG CAGE FIGHT実行委員会
「WARDOG CAGE FIGHT24 × GRACHAN43」
2020年1月26日(日)大阪・世界館

▼ダブルメインイベント第11試合
WARDOG CAGE FIGHTフェザー級タイトルマッチ 5分5R
●たかつぐ(OSC/王者)
判定0-2
○拓MAX(TEAM HAMBOLT/挑戦者)
※拓MAXが第3代フェザー級王者となる

 1R~3Rは拓MAXが優勢な試合展開。4、5Rでたかつぐの打撃ヒットにより試合が止められてもおかしくない場面もあったものの、判定2-0で拓MAXが勝利し第3代WARDOGフェザー級王者に輝いた。


▼ダブルメインイベント第10試合
WARDOG CAGE FIGHTバンタム級王座決定トーナメント決勝戦 5分5R
○ゆうと(OSC)
KO 2R 4分12秒
●今村豊(総合格闘技宇留野道場)
※ゆうとが第2代バンタム級王者となる

 WARDOG 推薦選手としてGRACHAN34へ初参戦、遠藤来生(POD)に打撃で圧勝した強豪のゆうとと、アマチュアで多数の経験を積んできた今村がトーナメント決勝戦で対決。

 2R、ゆうとの打撃が今村にクリーンヒットしKO決着。ゆうとが第二代WARDOGバンタム級王者となった。


▼第8試合WARDOG CAGE FIGHTグラップリングルール 70kg以下 5分1R
●清水俊一(総合格闘技宇留野道場)
ポイント2-5
○柴にゃん(禅道会)

 グラップリングマッチでは柴にゃんがポイント2-5で清水俊一に勝利した。


▼第9試合
WARDOG CAGE FIGHTフェザー級 5分2R
○福田泰暉(team STAKE)
KO 1R 19秒
●SuBaRu(INFERNO)

▼第7試合 GRACHANメインイベント
GRACHAN ストロー級 5分2R
○N.O.V(GBF / エンジョイジム)
一本 1R 4分47秒 ※リアネイキッドチョーク
●大貴(BRAVE)

▼第6試合GRACHANライト級 5分2R
●徳野”一心”一馬(UBF)
TKO 1R 26秒 ※マウントパンチ
○ミョン・ジェウク(韓国team MAD)

▼第5試合GRACHANバンタム級 5分2R
○こ〜へ〜(OSC)
判定2-0
●秋田良隆(KING GYM KOBE)

▼第4試合GRACHANバンタム級 5分2R
○三好真大(BRAVE)
判定3-0
●青木一弥(team STAKE )

▼第3試合WARDOG CAGE FIGHTバンタム級 5分2R
●秋山晃一(ブラザーフットteamKZT)
判定0-3
○アゴデマン(総合格闘技宇留野道場 )

▼第2試合WARDOG CAGE FIGHTフェザー級 5分2R
●岩丸ひろし(ブラザーフットteamKZT)
判定1-2
○將生(桂塾)

▼第1試合WARDOG CAGE FIGHTフライ級 5分2R
○小林少年(TEAM SFIDARE)
KO 2R 28秒
●向井たいち(ブラザーフットteamKZT)

▼オープニングマッチWARDOG CAGE FIGHT MMA特別ルール 72kg以下 5分1R
○香川慶輔(UBF)
判定3-0
●伊波たくみ(谷柔術)

●編集部オススメ

・鈴木隼人、脳の症状によるONE王座戦欠場から復帰

・元DEEP王者・桜井隆多が逆転一本勝ち、GRAND王座獲得

・Iカップ・くびれ作りが特技のグラビアモデルら3名が新ラウンドガールに

・王者ルクク・ダリ、48歳・桜井隆多に「おじいさんに負けたらショックね」

・WARDOG王者・鈴木一史が北海道で凱旋試合

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」、「」をもっと見る



TOP > 試合結果 一覧