TOP > ニュース 一覧

【ボクシング】ドネア、井上との負け予想にNO「アンダードッグ時でも勝ちは多い」

2019/11/06(水)UP

アンダードッグとなっていることについて語るドネア

 11月7日(木) さいたまスーパーアリーナにて開催されるワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級決勝戦の前日計量が6日(水)、都内にて行われた。

 決勝戦に挑むWBA・IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(26=大橋)はバンタム級リミットの53.5kg、対する5階級王者でWBAスーパー世界バンタム級王者のノニト・ドネア(36=フィリピン)は200gアンダーの53.3kgで共に一発でパス。そして両者フェイスオフし約20秒の熱い火花を散らせた。

計量では両者一発クリア。井上、ドネア共に絞り込んだ

 ドネアは計量後公開インタビューに臨み、オッズについて井上選手が勝つという予想が多く、ドネア選手がアンダードッグ(オッズが高く負けると予想されている方)だという質問には「人がどのような判断をしようとも自分自身が誰であるか、自分が何ができるか、それが一番分かっているのが自分自身である。なので外からの評価はあまり気にしないし、今までのキャリアでアンダードッグで戦って勝利をした経験は多くある。なので、オッズについては考慮材料にはならない」と予想を否定した。

 ちなみに英大手ブックメーカー、ウイリアムヒルのオッズでは、6日16時の時点で井上1.14、ドネア5.5、引き分け26.0となっている。

公開練習でドネアは強烈な左のロングアッパーをミットに叩き込んでいた。試合の展開はいかに

 計量をパスし、あとはリングで戦うだけとなったドネアは「井上選手と戦うということもあるが、日本という、ただ遊びに来るだけでも大好きな国で試合ができる。それにより一層自分自身に奮起を、そしてワクワクした気持ちを貰っている。大好きな国、その中で自分がどれだけの試合ができるか、お見せするのが楽しみだ」とアニメ・漫画好きでプライベートでも来日するほどの親日派は高いモチベーションの理由をそう語った。

▼【動画】ドネアのWBSS準決勝、左フックで失神KO勝利(WBSS: Nonito Donaire vs Stephon Young)

☆11.7 WBSS決勝 井上尚弥vsノニト・ドネア イベント情報はこちら

●編集部オススメ

・[前日計量]井上尚弥とドネアが計量パス「勝って大きな試合につなげる」(尚弥)

・井上尚弥vsドネアのチケット完売で当日券なし、テレビは生中継含む3社で放送

・[調印式]井上尚弥「試合まで2日、体調良く最大のパフォーマンス発揮できる」

・ドネアが華麗なハイキック、井上尚弥と対戦に気持ちはブルース・リー!?

・ドネアが井上との対戦に「お互いワンパンチKOがある」とKO決着の可能性語る

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧