TOP > ニュース 一覧

【ボクシング】ドネアが華麗なハイキック、井上尚弥と対戦に気持ちはブルース・リー!?

2019/11/05(火)UP

休憩中に蹴りを放つドネア。後ろで尚弥や拓真も眺める

 11月7日(木)さいたまスーパーアリーナにてワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)のバンタム級決勝戦の記者会見と調印式が5日、都内にて行われた。

 決勝戦に挑むWBA・IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(26=大橋)と5階級王者でWBAスーパー世界バンタム級王者のノニト・ドネア(36=フィリピン)が揃って会見に臨んだ。

 会見でドネアは井上と戦うことについて「数多くの実力のある選手と対戦してきたが、井上選手はその中でもトップに君臨する選手。WBSSの決勝で井上尚弥選手と戦えるのが私に特別な気持ちを芽生えさせており、大きなモチベーションになっている」と井上を讃える。

蹴りながら「アチャー」と気合いを入れるドネア

 勝利へイメージについては「これまでの戦いの経験から得たものは自分の力を最大限に信頼すること。この試合の鍵は私が的確な戦略を立てそれを遂行すること、そして相手の動きによって適応することだ。この適応能力が物凄く大事になってくる」と相手の動きによって戦い方を変化させるという。

 まるでブルース・リー名言「水になれ」を思い出す。それは「形を取り去れ。水のように。水はカップに入れたら、カップに、瓶に入れたら瓶の形になる。そして水は流れることも、様々に分かれることもできる。水になれ」と自分の形に固執せず、相手の動きや周りに適応していくことを述べている。

死亡遊戯を似せたガウンとパンツ姿のドネアと、ブルースリーの敵役だったダン・イノサント(@nonitodonaire)より

 会見が終わると会見場の隅で「ホ〜、アチャー!」と聞こえる。ドネアが陣営スタッフに向かってハイキックを蹴り出しているのだ。蹴りが禁止のボクシングだが、ドネアの綺麗に伸びるハイキックは経験者のようなキレがある。軸もぶれていない。先ほどのドネアの言葉はやはりブルース・リーに影響され意識し出てきたものか、それとも偶然かはわからないが、この蹴り、構え、表情までも間違いなくブルース・リーだ。ドネアの妻レイチェルさんは元テコンドー選手なので蹴りを教わっているのだろう。

 調べると2012年7月の『IBF・WBO世界スーパーバンタム級王座統一戦』でブルース・リーの死亡遊戯の衣裳を意識した黄色にサイドの黒の線が入ったガウンとパンツで入場し勝利しているが、その時のセコンドにはブルース・リーの敵役だったダン・イノサントが就いている。
 ドネアにとって今回のWBSSは『死亡遊戯』なのかもしれない。多くの使い手と対戦し、最後に立つラスボスの大男ハキムはドネアにとっての井上となる。ドネアはブルース・リーのようにモンスターに勝つことができるか。

☆11.7 WBSS決勝 井上尚弥vsノニト・ドネア イベント情報はこちら

●編集部オススメ

・【ボクシング】ドネアが井上との対戦に「お互いワンパンチKOがある」とKO決着の可能性語る

・【ボクシング】井上尚弥「試合まで2日、体調良く最大のパフォーマンス発揮できる」

・【ボクシング】笑顔と自然体のドネア、尚弥父「良い練習をしてきたと思う」

・WBSS代表、井上尚弥を「ここ2試合の世界戦で182秒しか戦っていない、凄くないか!?」

・11.7 井上尚弥vsドネアのWBSS決勝、拓真vsウバーリ戦をフジで生中継

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧