TOP > ニュース 一覧

【RIZIN】浜崎朱加と浅倉カンナがタイトルマッチで再戦、リベンジ誓う浅倉へ浜崎「2年前と変わっていない」

2021/02/12(金)UP

女子スーパーアトム級王者・浜崎朱加(左)のベルトに浅倉カンナ(右)が挑む。中央はRIZIN榊原代表

 3月21日(日)に愛知・日本ガイシホールにて開催される『yogibo presents RIZIN.27』の対戦カード発表会見が12日都内にて行われた。

 RIZIN女子スーパーアトム級タイトルマッチが決定。王者・浜崎朱加(38=AACC)が挑戦者・浅倉カンナ(23=パラエストラ松戸)を迎え撃つ。

 浜崎は15年に米Invicta FCでアトム級王者となって日本人初のMMA世界王者となり、RIZINでも18年末に浅倉カンナとの王座決定戦を制し初代スーパーアトム級王者に。同王座は19年末にハム・ソヒに敗れて失ったが、昨年末出場した王座決定戦で山本美憂に一本勝ちを収め、女王の座に返り咲いた。

18年末の初対戦で浅倉から一本勝ちを奪った浜崎

 対する浅倉は幼い頃からレスリングに打ち込み、17歳でMMAデビュー。2017年に開催されたRIZIN女子スーパーアトム級トーナメントに出場し、当時RIZINで無敗を誇ったRENAを絞め落とし、一躍ニューヒロインとなった。18年末に初代RIZIN女子スーパーアトム級王座決定戦に臨むも、浜崎朱加に一本負け。続く19年6月に山本美憂に敗れ2連敗を喫した。その後4連勝(1KO1S)を飾り完全復活を果たした。

 浅倉は「浜崎さんが持っているベルトに挑戦させてもらえるのはうれしい。みなさんがどう思っているかはわかりませんが、自分は勝てると思っています。チャンスをものにしてベルトを巻いて、女子格闘技を一番に引っ張っていく」と、打倒浜崎を強く誓った。

 浜崎には約2年前には一本負けを喫している浅倉。「浜崎さんは年末に(山本)美憂さんと試合をしていてすごかった。ここでビビってもだめだし、越していかないといけない選手」と意気込みを語った。

 挑戦者を迎え撃つ浜崎は「またこうやって名古屋で試合ができるのがうれしい。しっかりメインらしい試合を見せたいと思います。この階級の世界一は私だということを試合で見てもらいたい」とコメント。浅倉の印象を問われると「2年ちょっと前に対戦してから、正直あまり変わってない印象。テイクダウン能力はあるけど、その先がない。自分がやることをやれば勝てる」と、2年前と結果は変わらないとばかりの評価を下した。

 前回の対戦から約2年。両者とも数々の激戦を繰り広げてきた。浅倉は浜崎との距離が縮まったかという質問に「試合を見てもらえれば分かります」と自らの成長に自信。一方の浜崎もまた「差自体は縮まっていない。試合を見てもらえれば分かります」と、自らも成長しているとアピールした。

<決定対戦カード>
▼RIZIN 女子スーパーアトム級(49.0kg)タイトルマッチ 5分3R ※ヒジあり
浜崎朱加(AACC)
vs
浅倉カンナ(パラエストラ松戸)

☆この大会の対戦カード、イベント情報はこちら

●編集部オススメ

・王座奪還の浜崎朱加「勝ち続けて、最強を証明する」浅倉カンナの挑戦に受けて立つ構え

・堀口恭司にベラトール王者アーチュレッタが宣戦布告「RIZINのベルト獲る」朝倉海戦も視野

・堀口恭司が意気がるシバターに30秒でTKO勝利、カーフキック炸裂し歩けず半泣き(動画あり)

・3.14東京ドーム大会がコロナ禍で延期へ、今年第一弾は3.21名古屋に決定

・[前回の対戦]浜崎朱加が浅倉カンナに一本勝ち、初代女王の座に就く

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧