TOP > ニュース

【極真会館】那須川天心の空手時代のライバル南原「自分もスーパースターになる」

2017/05/17(水)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

最年少で全世界選手権に出場を果たした身長186㎝、体重96kgの19歳・南原

 6月3日(土)4日(日)大阪府立体育会館で開催される極真会館『2017オープントーナメント第34回全日本ウェイト制空手道選手権大会』の記者会見が、5月17日(水)都内にて行われた。

 今大会は軽量級(-70kg)、中量級(-80kg)、軽重量級(-90kg)、重量級(+90kg)の4階級で2日間にわたって体重別のトーナメントで優勝が争われる。軽量級41名、中量級32名、軽重量級31名、重量級12名の合計116名がエントリー。

 会見には各階級の有力選手が出席、それぞれ意気込みを語った。

 重量級には南原健太(東京城北支部)が出場。2015年第32回全日本ウェイト制同級3位になり、同年に開催された第11回全世界選手権大会に史上最年少の17歳で日本代表に選ばれた。世界選手権後は病気で入院するなど体調を崩していたが、完治して2年ぶりの大会に臨む。

「自分の持ち味であるスピードを生かして優勝したい。優勝するために過酷な練習をしてきたので、しっかり結果を残したいと思います」と挨拶し、「決勝でイエロメンコ選手と対戦したいです。凄く強いですが勢いに乗ってしっかりと勝って優勝したい」と、ロシアのエースで4月に開催された2017年第6回世界ウェイト制選手権大会の重量級で準優勝したオレクサンダー・イエロメンコ(ロシア)の名をあげた。

 南原と言えば、小学生時代に空手で那須川天心とライバル関係にあったことでも知られている。その那須川はRISE、KNOCK OUT、RIZINでの活躍で格闘技界のスーパースターの座に駆け上がっていったが、南原は「戦ってきたライバルなので悔しいです。自分もしっかり空手界のスーパースターになりたいとの気持ちをいつも持っています。正直、負ける気はないのでもっと活躍して自分がスーパースターになります」と、戦う場所は違ってもライバルとして負けたくないと語った。

1年半ぶりの復帰となる安島。ルール改定後は初の試合となる

 軽重量級には2011年第28回全日本ウェイト制同級優勝&2013年第45回全日本選手権大会優勝・安島喬平(茨城県常総支部)が出場。

 安島は「1年半ぶりの復帰戦でルール改定後初の試合になるので、自分の組手を見せたい。オールラウンドに戦える選手が極真のチャンピオンにふさわしいので、その理想を目指していきます」と、怪我からの復帰に燃える。

「自分が幼い頃からやってきた極真空手は、相手を倒すことが第一。まずは改定ルールで技ありを取られないことを稽古で意識しています。上段をもらって倒れない自信があってもポイントを取られるので、まず技をもらわないこと。そしてド突き合いもして、改定ルールを生かす組手を意識して稽古しています」と、これまでのスタイルに加えて改定ルールでの戦い方も研究しているようだ。

 会見に出席した松井章奎館長は、「改めて出場選手を見ると全日本チャンピオン経験者の安島君を始め、タイトルを獲った実績のある選手が多くいます。ベイ・ノア君はキックボクシングでも活躍していますし、個性的な選手が数多くいます。経験豊かな選手、個性的な選手、そして若手選手がそれぞれ力を発揮して、内容の濃いアツい試合を展開して欲しい」と選手たちに期待を寄せた。

次ページ:各選手のコメント

●編集部オススメ記事
・那須川天心が空手時代のライバル南原にエール
大幅ルール改正、松井館長「より実戦的な空手でクオリティの高い競技を」
【関連動画】極真会館の新ルール、私ならこう戦う!
 増田章 、増田博正、今成正和

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

の続きを読む



【関連リンク】

TOP > ニュース

イベント日程
2017年5月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
≫もっと見る
アクセスランキング
≫もっと見る
Facebookもチェック