TOP > 試合結果

【ボクシング】井岡、ジャブとクリンチに初黒星

2014/05/07(水)UP

藤本京太郎のヘビー級ガチスパーリング!
2012年大みそかの東洋太平洋王座決定戦直前スパーリング。オーストラリアから呼んだスパーリングパートナーのプロボクサーが、京太郎を倒しに来る!

 

▲ジャブ、クリンチとともに井岡(左)を苦しめたアムナット(右)の左アッパー

「ダブル世界タイトルマッチ」
2014年5月7日(水)大阪・ボディメーカーコロシアム

▼IBF世界フライ級タイトルマッチ 3分12R
○アムナット・ルエンロン(タイ/IBF世界フライ級王者)
判定2-1 ※113-114、119-108、115-112
井岡一翔(井岡ジム/元WBA・WBC世界ミニマム級統一王者、元WBA世界ライトフライ級王者、IBF世界フライ級8位・挑戦者)
※アムナットが初防衛に成功。

 日本人選手では2人目となる3階級制覇を狙う井岡が、IBF世界フライ級王者アムナットに挑んだ。両者は6年前アマチュア時代に対戦し、井岡が敗れている。

 アムナットはプロ転向後、12戦無敗で世界王座に就いた強豪。一方の井岡も14戦無敗。全勝無敗同士の対戦となった。

アムナットの右ストレートが井岡にヒット

1Rから3Rまでは、両腕のガードを固めてじりじりと前に出る井岡に、アムナットはガードの上からでも強いジャブと左フックを打ち込む。
 井岡を9cmも上回る長いリーチからスピードのあるジャブ、そして左アッパーを決めていく。

 4R以降、井岡が慎重にガードを固めながらも手数を増やすが、アムナットは井岡が入ってくるところにアッパーからフックを的確にヒット。前へ出る井岡だが、アムナットのクリンチに捕まる。

 8R、井岡は鋭い右ストレートと左ボディブロー。ボディを打たれるアムナットには焦りの表情が見える。しかし、アムナットはクリンチを多用し、井岡は手数が出せない。

 10Rにレフェリーはアムナットにホールディングの減点1を宣告するが、井岡の苦戦は続く。アムナットは連打からクリンチ、井岡は前に出て攻めようとするが、手数が少ない。

 11Rも前に出て右をヒットさせる井岡にアムナットはまたもクリンチ。

 最終12R、アムナットはジャブを突いて井岡が近付いてくると連打、またはクリンチ。なんと足を引っ掛けて井岡を転倒させようとまでする。井岡が左フックで前に出ると、アムナットはジャブを出してフットワークで下がり続ける。そしてクリンチ。

 試合終了のゴングが鳴ると、両陣営がそれぞれ選手を肩車して勝利をアピールする。判定は2-1と分かれ、アムナットが勝利。井岡は15戦目にして初黒星を喫し、3階級制覇は成らなかった。

☆高山勝成vs小野心のIBF世界ミニマム級タイトルマッチはこちら

 

藤本京太郎のヘビー級ガチスパーリング!
2012年大みそかの東洋太平洋王座決定戦直前スパーリング。オーストラリアから呼んだスパーリングパートナーのプロボクサーが、京太郎を倒しに来る!

関連記事

」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > 試合結果

イベント日程
2014年5月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
≫もっと見る
出場・参加者募集
アクセスランキング
≫もっと見る