TOP > ニュース 一覧

【レベルス】横浜流星に“一流”の刺激を受けた炎出丸「自分のキックボクシングの集大成を見せる」

2020/09/25(金)UP

10月3日(土)東京・新宿FACE開催の『REBELS.66』メインイベントで大川と対戦する炎出丸(左)

 10月3日(土)に東京・新宿FACEで開催される『REBELS.66』のメインイベント(55.5kg契約 3分3回戦 延長なし BLACKルール)で大川一貴(33=青春塾)と対戦するプロ16年目の炎出丸(37=クロスポイント吉祥寺)。今回の試合で「自分のキックボクシングの集大成を見せる」と意気込んだ。

 炎出丸は先日、キックボクシングイベント『KNOCK OUT』が全面協力した映画『きみの瞳が問いかけている』(2020年10月23日より全国ロードショー)に出演し、主演の横浜流星の対戦相手役を務めた。

出演した映画『きみの瞳が問いかけている』のポスターの前で勝利を誓う炎出丸

 当初、日本の若手俳優ナンバーワンの人気を誇る横浜の事を知らなかったという炎出丸。最初は横浜のことを、素直で周囲のスタッフから可愛がられている存在という位の印象だったが、ジム練習や撮影現場などで何度か会っているうちに、映画制作の現場で日々戦っているこの人気俳優の凄さを実感したという。

 “炎出丸が横浜のハイキックを貰ってよろめく”という短い時間のカットだけで1時間近くも撮影時間がかかった時、「横浜君のハイキックを受け続けるので『腕が痛い。そろそろ終わらないかな』と思ってたんですけど、その間、横浜君はずっと集中してハイキックを蹴り続けたんです。あの体力と集中力は凄かった。“一流”だと思いました」と、振り返る。競争激しい日本の芸能界でブレイクし、トップを走る横浜の真摯な姿勢は、別業界だからこそ、よりストレートに炎出丸の心に響いたに違いない。

炎出丸が横浜流星と共演した映画『きみの瞳が問いかけている』(2020年10月23日より全国ロードショー)©︎2020「きみの瞳が問いかけている」制作委員会©️2020 gaga Corporation/AMUSE, Inc./Lawson Entertainment,Inc.

 そして、37歳という年齢や、将来有望な10代ファイターが数多く誕生するプロキック界の現状を考え、コロナ自粛期間中には“引退”の2文字が脳裏をよぎったという炎出丸にとって、メインイベントを任された今回の試合への意気込みは大きい。

「ベルト戦線にも絡んでいくためにも、インパクトのある試合をして勝たないと。これからは、勝てばその次のチャンスが貰えるかもしれないし、負けたらそこで終わりかもしれない。自分のキックボクシングの集大成を見せていく戦いになる。すべて出し切りたい、という気持ちです」と決意を見せた。

 炎出丸が「REBELSの門番」に相応しい“力戦奮闘(りきせんふんとう)”の戦いで、横浜に勝利報告ができるか、期待したい。

☆10.3 REBELS 対戦カード、イベント情報はこちら

●編集部オススメ

・【映画】横浜流星が10kg増量しキックボクサーを熱演、KNOCK OUT参戦のプロキック王者らと対戦

・【レベルス】ぱんちゃんとMISAKI、共に太く隆起した上腕にKO決着の予感

・【レベルス】王者となったぱんちゃん璃奈、RISE女王・紅絹と「レベルスで対戦したい」

・ぱんちゃん璃奈がデビュー1周年、7戦全勝にグラビア挑戦と大躍進

・【レベルス】日本レースクイーン大賞のグランプリ受賞者がラウンドガールで登場

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧