TOP > ニュース 一覧

【RIZIN】榊原CEOが6.13東京ドーム大会開催を確約「何があってもやる、無観客でもやる」外国人選手招聘も「今の時点で諦めない」

2021/04/30(金)UP

囲み取材に応じた榊原CEO

 5月30日(日)に丸善インテックアリーナ大阪にて開催する『Yogibo presents RIZIN.29』の追加対戦カード発表の記者会見が、4月30日(金)に都内で行われ、会見後にRIZIN CEOの榊原信行氏が囲み取材に応じた。

 RIZINでは、5月23日(日)に東京ドームで開催予定だった『RIZIN.28』を6月13日(日)に延期することをすでに発表している。新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言は、現在のところは、大型連休を含む4月25日(日)から5月11日(火)までとなっている。

 東京ドーム大会開催についての質問が飛ぶと「6月13日でやります」と再度の延期はないことを強調。海外からの入国制限で外国人選手の参戦ができない状態でもなのかと聞かれると「何があってもやる。5000人以下でもやります。やると決めて進まないといけない。6月13日も今の時点でコロナがどうなるか誰もわからない。でも、はっきり言えることは何があってもやるということ。それを決めないと選手たちは前に進めない」と覚悟の上の決断を語る。

東京ドーム大会で行われる「バンタム級トーナメント」発表会見に出席した(左から)渡部修斗、朝倉海、RIZIN榊原代表、瀧澤謙太、今成正和

 さらに「それ以上の延期はないし、6月13日は無観客でもやります。その覚悟を決めて、選手とともに進もうと思っています」と最悪の場合、無観客でも大会を開催すると言い切った。

 当然、東京ドーム大会ではマスク着用や入場規制、密にならないような取り組みを最大限に行い、実施する構えだ。それでも政府の要請により、有観客での開催が出来ないことになれば「正しく入場させたり、密にならないように運営してもダメだと言われるなら従うしかない」と政府の方針に従うと話した。

 外国人選手に関しては、スポーツ省、入国管理局、厚生労働省に働きかけを進めているところだ。「格闘技に理解のある先生方にも協力していただいて、オリンピック競技に紐付けば、入国できるのかもしれないとのこと。いずれにしてもオリンピックに向けて、1万人以上も受け入れるとするなら、オリンピックのテストモデルケースになってもいい。そういう働きかけをして、最後まで諦めずに外国人選手の入国のチャレンジする。今の時点で諦めることはない。あとは、緊急事態宣言でコロナの人が減っていくことを期待する」と海外選手の入国に関しても、前向きに交渉を進めていると明かした。

☆『RIZIN.28』東京ドーム大会のイベント情報はこちら

●編集部オススメ

・【RIZIN】5.23東京ドーム大会が延期決定、6.13開催へ「少しでも多くの観客が入れるように」

・【RIZIN】皇治が堂々のトーナメント優勝宣言!梅野源治、白鳥大珠、髙橋亮に「この子たちは脇役、実力で黙らす」=5.30

・【RIZIN】バンタム級GPの8カードが抽選会で決定! 朝倉海「一回戦は誰でも良い」対する渡部「予想外だが全力で勝つ」

・【RIZIN】皇治が個人ジムをオープン!5月の大阪大会は「俺の知名度に嫉妬しているクソガキどもを黙らせたい」ロッタン戦の仰天プラン提案も

・【RISE】白鳥大珠、梅野源治に1RKO勝利し世界王者に「これからは僕の時代です」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧