TOP > ニュース 一覧

【RIZIN】皇治が個人ジムをオープン!5月の大阪大会は「俺の知名度に嫉妬しているクソガキどもを黙らせたい」ロッタン戦の仰天プラン提案も

2021/04/11(日)UP

皇治が個人ジムをオープンした

 皇治(31=TEAM ONE)が個人ジムを4月11日(日)、東京・世田谷区の経堂駅近くにグランドオープンした。

 選手の間は自分専用のジムだが、若手の地方選手と一緒に練習するのもありだと考えている。自身のパーソナルトレーニングでは土居トレーナーを呼んで、ウィラサクレック会長を呼ぶこともある。
 K-1を卒業してから自己満足以上の練習をできていなかったと話す皇治は、朝から晩まで女の子と遊びまくるのも止めて練習しているという。

ジムの壁に設置されたサーフボード

「ギャルに見てほしいから、一切サーフィンができないのにボードを置いて海の家を意識した。夏はギャルだけ集めて屋上でバーベキューをしたい」
 最初はリングだけあればいいと思っていたが、どんどん欲が出て壁も塗り直した。
 昨年大晦日のRIZINで五味隆典に負けて2連敗。引退しようとも思ったが、ここでやめたらかっこ悪いと思い、リングだけ設立する予定だったが、それから1階だけ、最終的に建物をそのまま借りた。「買ったほうが良かった」と思った。

 もともと上京してから世田谷区の経堂周辺に住んでいた。「格闘家同士で仲良くする気がない。独りでいい。ただ、こうやって大赤字でこういう振る舞いで“格闘技では食っていけない”と思われていることに一石投じたい」というのが年下の世代へのメッセージだ。

五味(右)と激しい打ち合いをする皇治

 皇治の次戦について、RIZINの榊原信行CEOは、5月30日の大阪大会でマッチメイクすると先月の会見で語っていたが、皇治は「RIZINが勝手にそう言っているけど、大阪大会なので盛り上げたい。俺に喧嘩を売っているヤツいっぱいいるし、総合ばっか盛り上がっているから、誰とでも60kgなら戦いますよ。俺の知名度に嫉妬しているクソガキどもを全員黙らせようと思っています。トーナメントを開催してほしいってRIZINに死ぬほど言っています。コロナもあるから難しいけど、耳も傾けてもらっている」

様々なトレーニングマシンが設置されたジム内の様子

 その大阪大会ではロッタン戦を熱望。皇治はムエタイで実績のあるタイ人と試合をしたことがないのと、自分と同じく「倒れない」と言われているから、どっちが倒れるか、ONE ChampionshipのチャトリCEOに言って組んでほしいと述べた。

 饒舌の理由は満足のいく練習環境が手に入ったから。ハングリー精神にみなぎっていると豪語した。

 また、来年3月のキックボクシング引退と、ボクシング転向を昨日正式発表した那須川天心については「若いのに色々やって立派やと思いますよ。やることは1個だからそれだけやって行ってほしい。自分も相当殴られたからどこかで仕返ししたい」とコメント。  
 そして「言ったらすごく色々な人に怒られるからもうわざわざ言わないけど、夢のカードを実現してほしい。と那須川vs武尊のことと思われる“夢のカード”についても話した。

●編集部オススメ

・【RIZIN】皇治が5.30大阪大会のメイン「きつい相手を用意する」(榊原代表)

・【RIZIN】榊原代表が皇治vsシバター戦に言及「カードとして有りだが皇治は2連敗、その前に」と一戦を提案

・那須川天心、来年3月キック引退し、ボクシング転向宣言!「ボクシングでも革命起こす」

・【RIZIN】スダリオ剛「僕はヘビー級王者を目指している。終わり」階級下のストラッサーの挑戦に

・皇治 初の著書『凡人の勝算 最後に勝つヤツの思考法』発売「金を稼いで客を呼べる『プロ』になれ!」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧