TOP > ニュース 一覧

【NJKF】男女の新王座決定戦、国崇vs光太朗ZLS、女子では、ぱんちゃんと対戦の祥子JSKとK-1出場のMARIが対戦へ=5.15岡山

2022/04/12(火)UP

NJKF2022 west 2nd

 2022年5月15日(日)に岡山・マービーふれあいセンターで開催される『NJKF2022 west 2nd』の対戦カードが発表された。同大会はダブルメインイベントとして2つの男女新王座決定戦が行われる。

 1つ目は[NJKFミネルヴァ王座決定戦 アトム級3分3R]で、同級1位のMARI(ナックルズGYM)と2位の祥子JSK(治政館)が現在空位の王座を争う。

 MARIは元NJKFミネルヴァピン級王者。15年、19年には『Girls S-cup』のメンバーに選出された実績を持ち、各団体の王者とも得意の右ストレートを武器に渡り合ってきた。昨年3月、7月にはK-1で高梨knuckle美穂と対戦し、1度目は延長判定、2度目は判定で敗戦するも激戦を繰り広げた。

ぱんちゃん(左)と祥子がマッスルポーズで競演

 対する祥子JSKは二児の母でキックボクシングジム『JSK KICKBOXING GYM』の代表の顔も持つ。様々な団体で戦績を重ね、ぱんちゃん璃奈との2度の対戦でも話題になった。
 昨年10月には約5年ぶりに復帰の久遠(元・渡辺久江)と『DUEL.22』で対戦し、判定勝利した。今年1月の『RISE 154』では小林愛理奈にKO負けを喫している。

久遠 (右=渡辺久江)のパンチにミドルキックをヒットさせる祥子JSK(2021年10月)

 2つ目は[WBCムエタイ・ナイカノムトム王座決定戦 フェザー級3分5R※ヒジあり]で、国崇(41=NJKF拳之会)と光太朗ZLS(27=TEAM ZELUS)が対戦する。

 国崇は2000年デビューのベテランで、これまでISKAムエタイ世界フェザー級王座、WBCムエタイインターナショナルスーパーバンタム級王座といったベルトを獲得。現在はWKAムエタイ世界フェザー級の王座に君臨している。

 対する光太朗ZLSは、東北地方で展開されている聖域(サンクチュアリ)統一フェザー級王者。2020年12月には初参戦のREBELSで龍聖と対戦、KO負けを喫している。

蹴りを放つ国崇(2020年3月)

 その他、交流戦としてフライ級で悠斗(NJKF東京町田金子ジム/NJKFフライ級4位)vs則武知宏(テツジム/NKBバンタム級5位)、 72kg契約で佐野克海(NJKF拳之会/NJKFスーパーウェルター級4位)vs璃久(志真會館/SBスーパーウェルター級4位)等のカードが並び、全9試合と、オープニングファイトでアマチュアのジュニア3試合が行われる。

☆この大会の詳細、対戦カード、チケット情報など

●編集部オススメ

・【ムエタイ】国崇が一撃初回KO勝ち「これがあるから辞められない」

・国崇が100戦目でTKO勝利、TENKAICHI王者・翔平をヒジで切り裂く

・41歳 渡辺久江、5年ぶり復帰戦で健闘も一歩届かず、祥子が巧さで競り勝つ

・【速報動画】10.31「DUEL」祥子JSKvs久遠(渡辺久江)

・(動画あり)【K-1】高梨knuckle美穂、MARIと激戦は延長僅差で勝利、笑顔なく悔し涙

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧