TOP > ニュース 一覧

【ボクシング】京口紘人が無敗で高KO率のタイ人相手に世界V3戦、自身のYouTubeで生中継

2020/09/08(火)UP

京口とタノムサックの一戦が決定した。タノムサックはリモート会見に臨み、会見はパネルで登場となった。

 WBA世界ライトフライ級スーパー王者の京口紘人(26=ワタナベ)が8日、大阪市内のホテルで次戦の発表会見を行った。
 試合は11月3日(火)大阪市内のインテックス大阪で、同級11位のタノムサック・シムシー(20=タイ)を迎えて3度目の防衛戦となる。
 昨年6月の初防衛戦では、同級10位タイ人、タナワット・ナコーンと対戦。ムエタイの2大殿堂ルンピニースタジアム2階級制覇を達成したナコーン相手に手を焼くも判定で勝利した。この試合後に反省の弁を語っていた京口、次こそは強豪のタイ選手に勝利といきたいところだ。

吉村大阪府知事から「京口選手へ 必勝」と書かれた色紙を持つ京口

 会見の冒頭、京口は「コロナの大変な中試合が決まったことを嬉しく思います。僕はベストなパフォーマンスできるように仕上げて当日のリングに上がるだけです。当日は良い試合ができるように頑張りますので、皆さま応援よろしくお願いします」と意気込んだ。

 また、コロナ禍で、試合間隔が空いたことについて「この試合のできない期間は神経系のフィジカルトレーニングをしていました。体も少し大きくなったので減量もしっかりやります」と抜かりはない。京口はプロ14戦14勝(9KO)無敗の王者だ。

 一方、タイ国からリモート会見に臨んだタノムサックはタイ国ライト・フライ級王者でプロ14戦14勝(12KO)無敗の強豪。「この試合ができること、関係者の皆さまに本当に感謝しています。良い試合をするので日本の皆様の応援よろしくお願いします」と謙虚ながら世界初挑戦への闘志が感じられた。

元ルンピニー王者・ナコーンに得意の左レバーブローを叩き込む京口=19年6月

 また、試合の模様は京口のYouTubeチャンネルで生配信すると発表された。現在12万人の登録者を持つYouTuberでもある京口の新たな試みだ。視聴についての詳細の発表はなかったが、それを収益とするには番組への広告のほか、視聴中にチャット機能で投げ銭のように視聴者がお金を送ることができる機能などが考えられる。
 これまで京口はボクシングの垣根を越え、格闘技イベントRIZINの榊原代表や、朝倉未来などの人気選手とコラボして着実に登録者を増やしてきた。格闘技界を中心に認知度が上がった京口の注目度は以前に比べて高くなっただろう。

「試合に支障がない範囲で」と京口。YouTubeはもちろん、男子ボクシング界では2020年初戦となるこの世界戦について「やるからにはしっかり勝ちます」と拳を握った。活動拠点は東京だが、大阪が地元の京口。この地で華々しい勝利を期待したいところだ。

取材・写真:植田洋介

●編集部オススメ

・京口紘人がタフなムエタイ王者に手を焼くも判定で初防衛

・朝倉未来がWBA世界王者・京口紘人とボクシングスパー「速い、マジで、さすが世界王者」(動画あり)

・京口紘人を苦しめたムエタイ王者ナコーン「判定で負けたとは思ってない」採点を分析

・ロマチェンコvsロペスの4団体統一戦が10月開催へ、ファイトマネー総額5億円

・井上尚弥と引退スパーリングを行った八重樫東「彼がいたからここまで強くなれた」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧