TOP > ニュース 一覧

【NKB】高橋亮、二冠王・山浦俊一をKO!三日月蹴り&華麗な左ハイキックが炸裂

2021/02/20(土)UP

高橋(右)のこの三日月蹴りが炸裂した

NKB日本キックボクシング連盟
『NKB 2021 必勝シリーズ 開幕戦』
2021年2月20日(土)東京・後楽園ホール

▼メインイベント 61.00kg契約 3分5R
〇髙橋 亮(真門ジム/NKBフェザー級王者)
KO 4R 0分48秒 ※左ハイキック
●山浦俊一(新興ムエタイジム/NJKFスーパーフェザー級王者、WBCムエタイ日本統一スーパーフェザー級王者)

ローキックを放つ高橋

 髙橋は関西を主戦場とする”髙橋三兄弟”の次男。2017年に初参戦した「KNOCK OUT」で小笠原瑛作とダウン応酬の激戦を繰り広げ、その名を全国区に知らしめた。

 対する山浦は元B-FAMILY NEO所属で、大田原兄弟と共に中学時代はWINDY SUPER FIGHTで活躍。5年のブランクを経て2017年に復帰すると、19年9月にNJKF大阪大会でNJKFスーパーフェザー級タイトルを獲得。昨年12月のタイトルマッチで葵拳士郎を判定で下し、WBCムエタイ日本スーパーフェザー級王座も獲得している。

 1R、左の三日月蹴りや左右ローをテンポ良く放っていく高橋。山浦は右ローを蹴り返し、高橋の蹴り足を掴んで左フックを見舞う。

 2R、しかし、高橋が左ローをフェイントにして左ハイキックをヒットさせるなどペースを握りはじめ、さらに3R終盤には高橋が左の三日月蹴りが山浦のボディにグサリと突き刺さり、時間差で山浦が悶絶ダウン。山浦が何とか立ち上がったところでゴング。

高橋がこの左ハイキックで圧巻KO勝利

 4R、ボディのダメージが残る山浦に、高橋が左の前蹴りで吹っ飛ばす。さらに、左のパンチのフェイントから、高橋の狙いを済ました左ハイキックがさく裂。山浦が仰向けになって倒れると、レフェリーがストップした。高橋が圧巻KO勝利で21年のNKBの初興行を締めた。

 勝利した高橋は「(KOで大会を締めて)21年のNKBはいいスタート切れたんじゃないですか。今の目標は大晦日の舞台で試合することなので応援してください。まだまだ強くなって、NKBを盛り上げます」と語った。

 試合後のインタビューでは「レベルの違いを見せるのがテーマで、KOで終えることが出来た。足、腹、顔をきかせて倒すつもりで、ボディストレートのフェイントから上を蹴ったら(ハイキック)、ドンピシャで入りました」と圧巻のKOシーンを振り返った。

 さらに「大晦日で試合するのが格闘家の夢。それは絶対叶えたいですね。
その舞台に立ちたいです。でも今は立てるレベルにいないので、相応しいようになっていきたい。いろんな団体で熱いオファー待っています」との野望を語った。

●編集部オススメ

・【NKB】メインは王者対決、髙橋亮と山浦俊一が激突=2.20後楽園

・【NKB】“女蹴”sasoriが初防衛戦、かつて王座を争った同門・喜多村美紀を迎える=2.20

・ぱんちゃん璃奈が新たにボクシング練習開始、元王者・田口良一と2ショット

・那須川天心が驚愕スピード、練習動画に視聴者「早送りかと思った、レベルが違う」とコメント集中=2.28 RISE

・“ムエタイ鉄人”ブアカーオと伝説のセンチャイが夢のスパーリング「史上最高のスパー」と絶賛の声

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧