TOP > 試合結果 一覧

【NKB】フライ級王者・杉山空がNJKF1位の谷津晴之に判定勝ち、試合巧者ぶり発揮

フォロー 友だち追加
2024/02/17(土)UP

杉山空がNJKF1位の谷津晴之に判定勝利

NKB日本キックボクシング連盟
『冠鷲シリーズVol.1』
2024年2月17日(土)東京・後楽園ホール
▼第11試合 メインイベント 52.0kg契約 3分5R
〇杉山 空(HEAT/NKBフライ級王者)
判定2-0 ※50-48、49-49、50-47
●谷津晴之(新興ムエタイジム/NJKFフライ級1位)

組みでは杉山(左)が優位に進めた

 杉山は、昨年2月のNKBフライ級王座決定戦で龍太郎とタイトルを争い判定勝利、同団体初の高校生王者となった。対する谷津は、昨年9月にNJKFフライ級王者・優心とのタイトルマッチに挑み、判定1-0のドローで王座獲得とはならなかったものの、1者が谷津を支持する健闘を見せた。

 両者は21年10月にNKB後楽園大会で対戦しており、その時は引分け(ジャッジ1者は杉山支持)ではあったが、お互い戦績を重ねて2年4ヶ月振りに再戦となる。

 1R、杉山がミドルキックから前蹴りと先制、谷津もミドルキックを返す。互いにフェイントをかけながら探り合いの展開が続くが、終盤に谷津がパンチ連打から右ミドルキック、杉山も蹴りを返して組み合いに。

両者至近距離で打ち合う!

 2R、杉山がワンツーを放っていき、距離が近づくと組み合う。組みの展開が多くなり、回し込んで倒すなど有利に進めるのは杉山。杉山はバックスピンキックも見せていく。

 3R、左ミドルキックを入れる杉山、谷津が詰めてきたところを組んで、コツコツと腿へのヒザ蹴りも打っていく。谷津もプレッシャーをかけるが、杉山をなかなか捉えることが出来ない。杉山はワンツーから左ミドルを当てるなど、主導権を握っていく。

 4R、谷津がワンツーから右ミドルのコンビネーションを見せるが、杉山に組みつかれてしまう。このラウンドも組みの展開が多くなり、お互いヒザ蹴りの応酬に。終盤、谷津も右ローから右ミドル、パンチ連打とペースを上げる。

谷津が左目上から出血してドクターチェックが入る

 そして迎えた最終5R、杉山はバックブロー、谷津は圧力を強めて左右のパンチを強振していく。しかし、杉山の縦ヒジが入り谷津は左目の上から出血。ここでドクターチェックが入る。再開後、杉山は左ハイ、自ら近づき距離を詰め組みの展開からヒザ蹴り。谷津も押し込んでいくが、ここで試合終了。判定2-0で杉山がこの勝負を制した。

▶︎次ページは、キッシンチャイvs雄希、その他試合結果

  • 1
  • 2
フォロー 友だち追加

●編集部オススメ

・【NKB】杉山空が初の高校生王者に、ウェルター級王者はカズ・ジャンジラが激闘の末に戴冠、片島聡志が藤原あらしにKO勝利

・【テレビ・配信】2.17『NKB』杉山空vs谷津晴之ほか生中継・放送・配信情報

・【柔道GSバグー】出口クリスタが優勝、ビロディドは銅!豪快な一本勝ちの共演も=試合結果

・女子レスラー渡辺未詩と鈴木志乃、鍛えたビキニ姿で再共演=ヤンマガグラビア

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています
」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧