TOP > ニュース 一覧

【NKB】メインは王者対決、髙橋亮と山浦俊一が激突=2.20後楽園

2021/01/12(火)UP

NKB王者・髙橋(左)とNJKF&WBCムエタイ王者・山浦(右)

 2月20日(土)東京・後楽園ホールにてNKB日本キックボクシング興行『NKB 2021 必勝シリーズ 開幕戦』が行われる。

 メインイベントでは、NKBフェザー級王者の髙橋亮(真門ジム)とNJKFスーパーフェザー級、WBCムエタイ日本統一スーパーフェザー級王者の山浦俊一(新興ムエタイジム)が61kg契約で対戦。

強烈な左ローをヒットさせる髙橋(左)

 髙橋は関西を主戦場とする”髙橋三兄弟”の次男。2017年に初参戦した「KNOCK OUT」で小笠原瑛作とダウン応酬の激戦を繰り広げ、その名を全国区に知らしめた。2019年〜2020年に行われたJapan Shift Land presents 59kgトーナメントでは、J-NETWORKフェザー級王者・一仁を完封し判定勝利。準決勝は元ルンピニーランカーのコッチャサーン・ワイズディーに1RTKO勝利するも、決勝で村田裕俊に延長判定負けを喫した。 

WBC日本タイトル戦での山浦(左)

 対する山浦は元B-FAMILY NEO所属で、大田原兄弟と共に中学時代はWINDY SUPER FIGHTで活躍。5年のブランクを経て2017年に復帰すると、19年9月にNJKF大阪大会でNJKFスーパーフェザー級タイトルを獲得。昨年12月のタイトルマッチで葵拳士郎を判定で下し、WBCムエタイ日本スーパーフェザー級王座も獲得している。 

 NKB王者とNJKF・WBCムエタイ日本統一王者のプライドを賭けた一戦に注目が高まりそうだ。 

<決定対戦カード>

▼メインイベント 61.00kg契約 3分5R 
髙橋亮(真門ジム/NKBフェザー級王者)
vs
山浦俊一(新興ムエタイジム/NJKFスーパーフェザー級王者、WBCムエタイ日本統一スーパーフェザー級王者)

≫この大会の詳細

●編集部オススメ

・【NKB】“女蹴”sasoriが初防衛戦、かつて王座を争った同門・喜多村美紀を迎える=2.20

・【NKB】村田裕俊が引退試合、髙橋亮を相手に59kgトーナメント決勝戦

・【イノベーション】NJKF王者・山浦俊一、葵拳士郎との接戦制しWBC日本王座獲得

・【RISE】sasoriが狂気の笑顔見せ平岡琴をパンチで圧倒、準決勝進出を勝ち取る

・青木真也が最近の“カーフキック”論争に物申す「今に始まったことではない、恥ずかしい」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧